FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1750=波打つ体。

「あぁぁぁぁ。」
 悲痛に、そして艶やかに咲織は啼き声を振り絞った。
 
 過度の痛みに肉体は痺れ切っていた。 そこをびりびりと電流が流れていく。 理性や羞恥心の衣は縄と鞭でぼろぼろになるまで剥がされ、露わになった感悩が揺り動かされる。 吊るされていなかったならば、腰から崩れ落ちていただろう。 三宅が洗濯ばさみを撫で上げる度に、縄の中で咲織のしなやかな肢体ががくがくと瘧を振るった。 甘さの滲む悲痛な声が鏡の床に反響する。 

「便利な躯だ。 どんな苦痛も歓びに換えられる。 与えられた痛みを愉しめる躯だ。」
 三宅が秘唇の上で奏でる調べが咲織の躯の中を響き渡っていく。 肉が痛みよりも歓びに励起されていくのが咲織にもはっきりと判った。 喘ぎを殺して上向いた小さな顎の下で、おとがいが飲み下し切れない甘い蜜に咽ぶ。 
「ふふ。 つくづく便利な躯だな。 濡れている。 随喜の塊を呑み込まされ、麻縄の瘤で締め上げられ、洗濯ばさみに咬まれても、なお婬らに欲しがって涎を滴らせている。 欲しいか。」
 麻縄の瘤は秘唇の翳に隠れた花びらの奥にまで喰い込みんでいた。 その秘唇は洗濯ばさみに無理やり開かされ、今や桃色の花びらはそのぽってりとした姿を見せている。 三宅の骨太の指が花びらの濡れた蜜を掬う様に撫でていく。

「はぁぁぁぁんんんん。」
 それは感悩そのものだった。 痛みも苦しさも突き抜けて純粋な感悩が沸き起こった。 花びらから起こった歓びの電流は子宮で増幅され、躯を駆け巡る。 

「いいか。」
「はい。 あぁぁっ。 あっ。 い、逝ってもいいですか。」
 麻縄に縛められた躯を捩り、美貌を悩ましく蕩けさせる。 涙が蜜の様に潤んだ瞳をまっすぐに三宅に向けた。 長い苦痛に羞恥を忘れ、生の慾望に素直になっていた。 

「逝くな。 今、逝ったらこれまでの責めが無駄になる。 逝かせるか。」
 三宅は咲織の乳首を潰している洗濯ばさみを引っ張った。 一本に伸びた裸身がくの字に折れる。 咲織は啼く事も忘れて苦悶する。 咲織の桃色に染まった柔肌からぱっと薫香を含んだ蒸気が立った。 

「あぁぁ。 酷い。 酷い。 逝かせて。 逝かせて。 苦しいです。」
 痛烈な痛みが去ると、躯中から身を捩っても足りない程の疼きが湧き上がった。 咲織はくねくねとしなやかな躯を波打たせ、熱い言葉を噴き零す。 
「素直だな。 いい事だ。 恥も見栄も無く、自分の慾望に素直ななのはいい事だ。 だが、奴麗がそう簡単に歓びを与えられると思うな。 感じて、感じて、躯を極限まで昂らせ、疼きの地獄で俺を求めて彷徨え。 苦しいぞ。 痛みよりずっと。」
 三宅は咲織の腰をぐっと押し上げた。 

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。