FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1746=肉に弾ける鞭。

「嬉しいか。」
 三宅は咲織に顔を寄せた。 
「は、はい。 嬉しいです。」
 三宅の洗濯ばさみを弾く掌が下腹から秘唇へと降りていく。 柔肌が喰い破られる様な痛みの底に痒い様な疼きが混じってくる。 咲織は唯一動く腰をくねくねと捩らせる。

「痛みの期待に疼くか。」
「いいえ。 怖いです。 怖いけど、ご主人様が歓ばれるなら・・・。」
 秘唇を揺さぶる刺激に後は声にならなかった。 音の無い喘ぎが半開きの唇を震わせる。

「上手い事を。 でも、貌が嬉しいと言っているぞ。 瞳がとろりと訴えている。 いっぱい打って欲しいと。 違うか。」
「あぁぁぁ。 ぁふぇんん。」
 房鞭の穂先が洗濯ばさみを撫で下ろす。 そのまま麻縄に一つにされた脚の合わせ目を弄っていく。 しなやかな革帯が柔肌を玩ぶと言うより、しっとりと汗ばんだ柔肌が革帯を吸い寄せている様だった。 そろそろとしたくすぐったいさと肉に浸み渡る感悩に咲織は返事をする事も出来ず、吊られた身を捩る。 

 乳房だけで吊り上げられた身を苛み続ける痛みすらも感悩に変り奥から沁み出してくる様だった。 肉はその奥から甘い血に蕩け、今にも崩れそうだった。 波状に訪れる感悩の波に咲織は身を委ね様としていた。 

「あわわわわ。」
 三宅は突然咲織の腰を大きく揺らした。 躯が大きく後ろに振られた。 咲織の悲鳴が怯える。
「ぴーーーん。」
 鎖を軋ませ戻ってくる咲織を三宅の鞭が打った。 鞭先に弾かれた洗濯ばさみが高い音を立てた。 一つ、二つと張り詰めた柔肌から洗濯ばさみが飛んだ。 

「ひいゃぁぁぁぁぁぁっ。」
 柔肌が裂ける鋭く深い痛みに打たれ、咲織は身を反らして啼いた。 啼き切って、口をパクパクと喘がせる咲織を今度は乳房に巻かれた麻縄が責め苛む。 鞭の勢いで咲織の躯が揺れながら回転し始めた。 瞳の中で部屋が回った。 三宅の姿を見失った咲織は惑い、必死で三宅を求める。 

「ぴしーーーん。」
 反対側の脇腹を房鞭が襲った。 鎖の下で回り続ける躯が鞭の威力を増した。 洗濯ばさみが肉を咬んだまま爆ぜる。 一つ二つの洗濯ばさみが肉を喰い破って飛んでいった。
「あわぁぁぁぁ。」
 肉ごと持って行かれる様な痛みと恐怖に咲織は叫んだ。 宙に開いた紅い唇が引き攣っていた。 

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop