FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1726=好奇の眼で。

『そんな、この店員さんに聞えよがしに、そんなことを仰らなくても。 ご主人様、酷いです。 酷過ぎます。 確かに咲織はご主人様の命令一つで、どんな苦痛もどんな恥褥も受け入れなくてはいけない奴麗。 ご主人様の仰る通り、今この場で自ら胸の蕾を挟む、そう思うだけで、咲織は濡らしたかも知れません。 でも、それはご主人様と私の二人だけの事。 こんな見ず知らずの人にまで、私の羞を全て、全て知らせなくても。』

 咲織は耳を塞ぎたかった。 三宅の言葉を幻聴だと思いたかった。 が、店員の顔に浮かんだ激しい嫌悪と好奇に満ちた表情が、怖ろしい事が現実だと知らしめていた。 

 余りの羞ずかしさに全ての血の気が引き、瞳を伏せることさえできなかった。 店員だけでなく店に居る全ての人が、通行人までもが背後の窓から咲織を汚らわしい物を見る眼で見ている気がした。 この世の全てが咲織の事を嘲笑している気がした。

『あぁ、みんな知っている。 私がマゾの変態奴麗だと。 全てを見られてる。 首輪も、首輪から伸びた麻縄も。 下着一つ身に着けず、囚人の様に麻縄で縛められてるセーターの中まで。 羞恥にのたうつ咲織をご覧になって、ご主人様は面白いですか。 本当に楽しいのですか。 まだ、咲織は自尊心を捨て切れません。 自ら、堕ち切れません。 ごめんなさい。 いつか、咲織が全てを立ち切って、ご主人様のどんなご命令にも嬉々として従う奴麗になったら、ご主人様は褒めて頂けますか。 ご主人様の命令通りにしたら、褒めて頂けますか。 いいえ、多分、奴麗が命令に従うのは当然だと仰るだけなのでしょう。 それでも、いいです。 咲織はご主人様のご命令に従うのが務めなのですから。 そう、他の誰でも無い、ご主人様のご命令なのだから。 幾らでも、貶めてください。 何処までも咲織は堕ちてみせます。 ご主人様、好きです。 この私より、咲織はご主人様が大切です。 だから、ご主人様のご命令は何よりも大切です。 守らなくてはいけないものなんです。』

 時が止まったかと思えた。 一瞬の内に様々な思いがどっと押し寄せた。 その思いの量に押し流される苦しみに喘いだ。 そして、時が再び動き出した時、咲織の中に残っていたのは、ただ三宅への思いだけだった。 躯が再び火照り出す。 かっと燃えたのは思いなのか、感悩の婬美な火なのか、判らなかった。 

「はい。 咲織は自分で胸の蕾を洗濯ばさみで挟みます。 その痛みに秘唇を濡らします。」
 咲織はテーブルの片隅に追いやられていた洗濯ばさみを取ると、躊躇いを見せずにセーターの襟元からこじ入れた。 ぴったりと胸の隆起に張り付いたセーターがプラスチックの無機質な冷たさを熱い柔肌に押し付けてくる。 咲織は小さな蕾を探した。 じんじんと鼓動している乳首に洗濯ばさみの先端が触れた。 心臓が止まる。 子宮の奥がずきゅんと脈打った。 咲織は逃る様に洗濯ばさみから指を離した。 ぱちんと言う音が聞こえた気がした。 

「うぅぅぅぅ。」

☆↓1日1回。1クリック願いします。


関連記事

PageTop