FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1819=指を受け入れて。

「どうした? 歩きなさい。 さもないと、ここに置いて行くぞ。」 
 三宅の腕が咲織の肩を押す。 それでも、咲織は自分の躯の中で湧き起った感悩に溺れるのが怖くて、その場に立ち尽くすしかなかった。

「動けないんです。」
 辛うじて声を絞った。
「どうせ、勝手に感じて、ここをどろどろに蕩かしているんだろう。」
 三宅の掌が肩から滑り、セーターの上から下腹を割った麻縄を掴んで引き上げた。 

「ぅぐぅ。 くわっ。」
 三宅の掌で引き上げられた麻縄の瘤が咲織の秘唇に突き刺さる様に喰い込む。 重い痛みが背骨を揺るがし、咲織の膝は崩れかける。 その動きに麻縄が更に咲織の肉を咬んでくる。 咲織は啼き声を挙げて、躯を一度跳ね上げた。 衝撃的な痛みがじわりと引いて行く。 ほっと息を吐く暇も与えず、今度は抗いようの無い疼きが爆ぜた。 セーターから伸びた細い脚ががくがくと震えながら、ぴんと硬直する。 

「どうなんだ? 正直に報告しなさい。」
 三宅はセーターの上から掴んだ麻縄を右に左に揺さぶった。 咲織の秘唇を咬んだ瘤が花びらの粘膜を思う様に擦り撫で上げてくる。 咲織はオフタートルの襟から覗かせた細頸を真っ赤に染め上げて、啼き声を堪えるしか出来なかった。 一声でも漏らしてしまえば後はもう崩壊するまで留める事など出来ないと躯が知っていた。 

「うぐぅ。」
 咲織は歩道の真ん中で鶴の様に躯を硬直させ、天に向かって呻きを上げる。 三宅がロングセーターの裾を捲り上げ、秘唇に半ば埋まった縄の瘤を更に押し込んできていた。 

「やっぱり、麻縄の結び目がおまえの婬蜜を吸って、今にも下に滴り落ちる程ぐしょぐしょだ。 婬らな刺激が欲しくて欲しくて疼き続けているんだろう。 おまえは特に他人に恥ずかしい姿を見られる辱しめが好きで堪らないと言う露出魔だな。」
 三宅はさもたっぷりと婬蜜が付いたと言わんばかりに指を眺め、固く閉じた咲織の唇に押し当てた。 咲織は悲しげに伏せた長い睫毛を震わせながらも、三宅の指を口の中に受け入れ、舌を絡めて嘗め取っていた。 三宅は満足げに頷き、咲織の肩を抱いた。

「否定できないか。 当然だな。 おまえは見知らぬ男性が来るのを知っていながら、俺の掌を払い除けも、コートの前を慌てて合わせようともしなかった。 腕を縛られている訳でもないのにな。 恥ずかしい姿を見て欲しくて仕方がなかったんだろう。 良かったなたっぷりと見て貰えたぞ。 あの時の顔を見たか。 今にも顎が外れそうだった。 彼はこっちに歩いてきた時からずっとおまえに眼が釘付けだったからな。 きっと、おまえを清楚なお嬢さんだ思い込んで見惚れてたんだろう。 それが下着も着けずに、おまけに無毛で剥き出しの股間を見せたかと思えば、そこは縄で縊られていたんだからな。 後を追いかけて、もっと見てください、ついでにこの躯の疼きを癒してください、と願い出たらどうだ。 きっと歓んでおまえが満足するまで犯してくれるぞ。」
 耳元で囁く三宅の言葉は剣の様に冷たく咲織の心を切り裂いても、その熱く甘い吐息が咲織の耳を擽り、躯を蕩けさせる。

 咲織は崩れそうになり、三宅の腰にしがみ付いた。

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。