FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1647=震える爪先。

「苦しそうだな。 それでも、今頃おまえの秘唇は涎を垂れ流しているんだろう。」
 咲織は背中に回された掌を固く結び、細い背を折れろとばかりに仰け反らしていた。 その姿を余裕たっぷりに見下ろしながら、三宅はもう片足で突き出す格好になった咲織の赤い蝋で固められた秘唇を足指でつつく。 

「ごしゅじんさまぁぁぁ。 くるしい。 いたぁぁぁぃぃぃ。 あぁ、もっと。」
 咲織は眉根を寄せ、呻きを零す。 その呻きには明らかに媚びが混じっていた。 
「ふふん。 随分と素直になったな。 自分の慾望に。 奴麗は素直でなくては。 元々慾が深いから奴麗になったんだから。 おまえがそうやって自分の慾望に素直に何処までも従順になれば、俺も自分の慾望を思う存分おまえにぶつけられる。 だからこそ、本物の奴麗は貴重なんだ。 誰でも恋人にも言えない暗い慾望を胸の裡に秘めている。 そして、大抵は秘めたまま死んでいく。 それが、おまえの強慾で従順な奴麗になら、どんな慾望も押さえる事無く曝け出せる。 全てを、醜いものも含めて全てを曝し合える関係が本当のご主人様と奴麗の関係だ。 それこそ、俺が望んでいたものだ。」
 三宅の足からはみ出した咲織の乳房は今にも弾け割れそうに膨らんでいた。 その咲織のみ付けた足に三宅は更に力を籠める。 白い肌理細やかな咲織の乳房の餅肌が透き通る程に薄く伸び切った。 張り詰めた肌は紅い蝋の残骸をばらばらと弾いていく。 剥き身となった肌は次第に赤く変色し、無残に歪んだ姿を晒していた。 

「うわぁぁぁ。 あひぇぇぇんん。 ひっ、ひっ、ひぃぃん。 だ、だめ。 千切れてしまいますぅぅぅ。」
 咲織は絶叫した。 細い肩はがくがくと揺れた。 平らな腹は紅い蝋の花びらを落として緊張する。 伸びやかな脚が痙攣していた。

「もっと啼け。」
 三宅は咲織の乳房を踏み潰したまま、掌にした房鞭を振り下ろした。 ぷりっと丸く盛り上がった咲織の尻たぼから紅い蝋の花が弾け飛ぶ。 高い打擲音が苦悶に支配された咲織の耳をも打った。 
「ひゃぃぃぃんんん。」
 咲織はぽってりと甘い唇を震わせて啼いた。 全ての思考は吹き飛び、苦しみと痛みだけが躯の中で暴れていた。

「びしぃん。 びちぃん。 ばちぃん。」
 三宅は休む間も無く、鞭を振るい続ける。 
「ひゃぁぁぁ。 いぃぃんん。 いゃぁぁぁぁ。 だめぇぇぇ。」 
 咲織は赤ん坊の様に無防備に啼きじゃくった。 何もかも忘れて。 白い肌は鞭打たれる尻たぼはもちろん、小さな爪先まで朱を載せて光っていた。

☆↓1日1回。1クリック願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。