FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1636=一つになりたい。

『あぁ、ご主人様。 ご主人様が欲しい。 ご主人様をもっと感じたい。 ご主人様と一つになりたい。 この味、この薫。 ご主人様の全てと溶け込んで、形が無くなるまで混じり合いたい。 熱いです、ご主人様。 咲織の躯が燃えているのが判りますか。 咲織の胸は思いに弾けて破裂しそうです。』

 咲織の苦しげな喘ぎにも似た荒い吐息と肌を舌が舐め取る湿った音だけが鏡の部屋を支配していた。 咲織は自分を戒める様に瞳の前で大きくなった三宅の物には唇を寄せず、裡腿の一番柔らかな処に舌を這わせ続けた。 三宅の脚を躯の中に取り込もうとでもする様に肌を合わせ、躯を擦り付ける。

 三宅の肌に触れた柔肌から、そのその温もりが咲織の中にじわじわと拡がる。 無意識に三宅に伸ばそうとする腕を麻縄が咎め、罰として骨を軋ませる。 その苦しみも、三宅に擦り付けた秘唇を引き裂くクランプが与える痛みさえも、今の咲織の躯には感悩を燃え上がらせる油だった。 小さな肉の薄い背で肩甲骨が苦しげに喘いでいた。 揃えられたしなやかな細い脚がのたうっていた。 

 無意識の裡に咲織は自ら課した禁を破って、三宅の玉に舌を這わせていた。 小さな肉厚の紅い唇を精一杯に開き、袋ごと三宅の玉を口に迎え入れる。 息苦しさに咽びながら口いっぱいを占めるそれに舌を絡めていった。 毛も何も気にはならなかった。 ただただ三宅そのものが欲しかった。 からかう様に、苦しめる様に燃え上がらされ、その度に果てる解放を与えられなかった感悩が、苦しみのたうつ疼きとなって咲織を支配しようとしていた。

 咲織は縛められた躯をくねらせ、細い腕に縄を喰い込ませても背を反らせて、三宅の既に硬くなった物を下から上へと嘗め上げていた。 自らの唾液にてらてらと黒光るそれを横笛を吹く様に口に咥えて、舌を絡める。 熱く火照った頬に触れる三宅の太腿がひくひくと時折反応するのが歓びの波動となって咲織の躯を駆けていった。  

 咲織はまるでそれが自分の物だとマーキングする様に、三宅の硬く長大なもの全体を唾液で濡らし、三宅の粘膜から浸み出したエキスと一緒に喉を鳴らして啜り込んだ。 躯の中に降りていくそのエキスは咲織の胸を潤わせ、同時に焼き尽くさんばかりに熱くさせる。 咲織には無上の味がした。

 その美味を求めるかの様に咲織は貪り続ける。 赤い舌をちろちろと見せて、下から上と舐め上げていく。 白蛇が鎌首を持ち上げる様に細い背を反らせ、三宅を見上げた貌は見る者の魂を吸い取る程にうっとりと美しく輝いていた。

 咲織は一瞬大きな瞳を婉然と見開き、三宅の顔をそれと判る様に盗み見た。 三宅の陶然とした表情を確認すると、ぽってりとした唇を精一杯に開いて、大きく裾の張った肉傘を赤い口の中に包んでいった。 口いっぱいに三宅の肉傘を頬張ると咲織は顔を動かさなかった。 ただ、口の中を圧する三宅に舌を絡め、嘗めずる。 伏せた長い睫毛がふるふると揺らいだ。 

 手脚を縛められ、咲織の躯が描く一本の美しい曲線がびくんと鞭打った。

☆↓1日1回。1クリック願いします。


関連記事

PageTop