FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1631=責められたい。

「こら、何時まで嘗めている。 そんなに近づいていたら、おまえの汚れた菊華を洗い難いだろう。 ケツをこっちに向けて、脚を目いっぱいに開きなさい。」
 三宅にぴしゃりと尻たぼを叩かれ、咲織はふるりと腰をくねらせた。 拗ねた瞳を残して、三宅の脚から顔を離す。 四つん這いのまま回れ右をして、丸く張り切った尻たぼを三宅に向けた。 

「脚を開けと言っただろう。 おまえの尻たぼはぷりっと肉厚だから余程脚を開かないと菊華が谷間に隠れて洗い難いんだぞ。」
 再びびしゃりと尻たぼが打たれる。 じんと痛みが肉に染み渡り、咲織は啼き声の代わりに熱い息を漏らした。 まるで誘っているかの様に尻たぼがくねらせてしまうのを止められなかった。 三宅は咲織の太腿を両掌で掴んで強引に左右に開いた。 真っ白な丸い丘に挟まれた谷底にほんのりと赤味を増した菊華が羞らっている。 

「あふぁん。」
 三宅の指が無造作に菊華を揉み解す様に襞の一つ一つを洗い流していく。 敏感な素肌に掛るシャワーの刺激に尻たぼは震え、指で捏ねられる菊華はひくひくと脈打つ。 覚悟はしていても、咲織は声を上げすにはいられなかった。 悲鳴とも歓びの声ともつかない甘い啼き声を放つと、後はもう喘ぎが止まらなくなっていた。 

「あうん、あふっ。 ふぁうんん。 あん、あん。」
 三宅の指が菊華をなぞる度に咲織の尻たぼは円を描いてくねり、甘い啼き声が漏れる。 
「おまえはちょっと甘い顔をすると、すぐに気を出して動く。 使うために道具を洗っているだけだ、動くな啼くな。」
 言い終わらない裡に、咲織の躯を支える腕が折れる程に尻たぼを強かに打たれた。 先に打たれた肌は鋭い痛みを放った。 その後からじわりと重い痛みが肉に浸み込んで来る。
 無意識の裡に細い腰は8の字を描き、艶めく喘ぎに喉は震えた。

「あひぇんんん。」
 三宅の指が無造作に菊華を貫いた。 痛いとしか思えない程に強い感悩の稲妻に打たれる。 本能的に指から逃げようとする咲織の腰を三宅はがっしりと掴み、菊華の内側を洗う様に指を動かす。 細い腕は折れ、尻たぼだけを持ち上げて、咲織は床に身を擦り付ける。 指の動きのままに螺旋を描く感悩の波が躯を抉っていく。 細い指が掴めない床を掴もうと足掻いていた。

「もういいだろう。 おまえの舌で綺麗にしてから調教部屋に来なさい。」
 余韻の尻打ちも無く、三宅はバスルームの床を指さすと出ていった。 

『あぁ、お尻なのにご主人様の指で感じてしまった。 はじめて。 お尻だけで。 もう少しで逝きそうなくらいに。 そして、今、咲織は次の責めにわくわくしている。 咲織は本当に婬らな奴麗になりました、ご主人様。 あぁ、気が急く。 早く責められたい。』

☆↓1日1クリック願いします。


関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。