FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1615=四肢を繋がれて。

「含め。」
 三宅はぴんと硬直した物を上から手で押さえた。 突き出されたその硬直を咲織は大きく唇を開けて受け入れた。 舌だけでなく唇に上顎の粘膜に熱が伝わる。 咲織はむんつときつく押し付けた唇を顔ごと左右に回して三宅の硬直を刺激し、同時に口の中のつるつると張った肉傘に舌を絡めて円を描かせる。 三宅の脇腹がひくひくと痙攣する。 咲織は湧き出る唾を啜りながら、口いっぱいに拡がる肉傘に精一杯に強く舌を押し当てて、舐め回した。  

「上手くなったな。 その腕なら、今すぐにでも高く売れるだろう。 別にそう言う店で習った事も無いのにその手管だ。 まさに天性の娼婦だ。 いい奴麗を持てて嬉しいぞ。」
 三宅は華奢な躯の下でぶるんと揺れている乳房を両手でがっしと掴んだ。 そのままパン生地でも捏ねる様に乱暴に弾力を愉しみ始める。 苦しくは無かった。 捏ねられる度にニップル・リングで付け根を縊られた蕾からびりびりと快感が躯を走る。 同時に大きな感悩の波が躯の中をうねり始める。 咲織は情感たっぷりな瞳で三宅を見上げた。 

「それにその貌だ。 その美しい貌で、愛らしい口で俺の物をしゃぶらせていると思うと体の底から昂ぶってくる。 そして、その美しい貌を苦痛に歪めさせたくなる。 その苦痛に喘ぐ口に嫌という程ぶち込みたくなる。 特におまえはどんなに喘いでも品を失わず、醜くもならない、却って悲愴と言う美を纏うからな。 呻け、声すら出せずに苦悶しろ。 俺のために。 与えられた苦痛を味わえ。 そして感じろ。」
 三宅は強く握った咲織の乳房を力任せに引き寄せ、同時に腰を突き出した。 咲織は水平にされた躯で、限界まで顔を仰け反らせて三宅の物を口の中に迎えていた。 四肢を鎖に繋がれ、顔を動かす自由さえ奪われた咲織の口を三宅の硬直がその根元まで貫く。 その熱く硬い物は喉の粘膜さえ貫き、食道までにも達した。 

「ぐふぁ。」
 躯の奥から胃液が一気に逆流し、咲織は激しく咽返る。 それでも、三宅は咲織の喉を深々と冒したまま、咲織の乳房が引き千切れる程に引き寄せて離そうとはしなかった。 

 喉を三宅の物で塞がれ、逆流する胃液も噴き出す唾も呑み込む事すら許されない。 肺腑が敗れそうな程、咲織は咽返った。 瞳から溢れた涙で優美な頬は濡れ、口の端から涎の様に胃液が吹き零れ、つんと尖った顎から滴り落ちる。 

「まだまだ喉は訓練がいるな。 床まで汚して。 早く俺の物を根元まで咥え込んでも、涎を垂らさずにすむ様にならないとな。 おまえのための訓練だ。 幾ら奴麗が苦し画廊が、俺は喉の粘膜を愉しむだけだ。 ほら、咽ろ、苦しみ抜け。 ご主人様が喉を使ってくださるんだ、感謝しろ。」
 三宅は咲織の喉が喘ぎのたうつ動きそのものを味わおうと、さらに硬直を押し込んだ。
咲織の華奢な背で、肩甲骨が激しく咳き込み悶えていた。 三宅は咲織の口を犯したまま満足そうにその姿を見詰める。

☆↓落ちてます。応援お願いします。


関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。