FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1605=一番見せたくない人に。

「平気だなんて。 軽んじてるだなんて、ご主人様には、い、一番見せたく・・・。 あぁっ、だめ、だめ、感じちゃう。 そ、そんな、ところを。 あっ、あん、あんん。」
 三宅の指が送り込む感悩の波に咲織は眉根を寄せ、ぽってりとした桃色の唇を尖らせた。 息絶え絶えに高い啼き声を吹き出させ、四肢を繋ぐ鎖を引き千切らんばかりに身を捩る。 只でさえ細い腰が捻じれ、今にもぽっきりと折れそうにくねった。

「なんだ? 俺に見せたくて仕方が無いと言いたいのか。」
「い、いえ。 そ、そんな。 見せたいなんて、そ、そんな。 はひん、あぇんん。 そんなこと。 あぁん、はぇん、んんっ。」
 咲織は熱い啼き声を噴き上げ続けた。 白い肌は桜に染まり、滲みでた透明な汗のベールを纏ってしつとりと光を放ち始める。 躯を襲い続ける感悩に堪えるすらりと伸びた脚には筋が浮かび、三宅の掌の下で丸い尻たぼはえくぼを浮かべてきゅっと引き締まる。 ほんのりと朱らんだ菊華が三宅の指をきゅっきゅっと喰い締めた。 

「気持ちよさそうに喘いでばかりいないで、ちゃんと言え。 ご主人様が質問しているんだぞ。 今は犬にならなくていい。」
 三宅はぷりっと持ち上がった咲織の尻たぼを強かに叩いた。 弾ける尻たぼに指に犯されいる菊華が悲鳴を上げる。 
「あぁぁんんん、はん、はん、ぁはん。 もっと、もっとぉ。」
 咲織は細頸に筋を浮かべ、啼いた。 戦慄く唇を濡らして、透明な唾がつーと糸を引く。鎖を握り締めた細い指が白く光っていた。

「もっと? それが答えか。 もっとやらしい処を俺に見て欲しいのか。 もっと打って欲しいのか。 どっちだ?」
 言いながら、三宅は掌に吸いついてくる咲織の餅尻をぺちぺちと叩く様に揉んだ。 
「い、いゃ。 いやです。 どっちも、あぁん。 あん。」
 咲織は細頸が折れはしないかと心配になる程に首を左右に振り立てる。 潤んだ瞳には涙が溢れ、長い睫毛を濡らして雫となって宙に舞った。 二つの乳球はたぷたぷと揺れてぶつかり、桃色の乳暈の上で紅いクリスタルの飾りが吹き飛びそうに揺れ続ける。    

「どっちも欲しいんだな。 慾深な奴麗だ。」
 三宅は手首を使って、菊華に埋めた二本の指を左右に素早く捻じった。 敏感な菊華の周りの神経が掻き回され、ずんずんと感悩の渦が躯の中を駆け昇る。 まるで三宅の二本の指で操られる生き人形の様に咲織のたおやかな躯が右に左に捩れる。 
「ああん、あんっ、はぁん、はん、はん、はぇぇんんん。」
 半開きの桃色の唇は自らの唾に塗れててらてらと輝き、喘ぎの蒸気を宙に放ち続ける。

「ああん、じゃない。 犬の啼き声はワンだっ。 ちょっと許すとすぐに命令を忘れる。」
 三宅は女の最も柔らかでか弱い会陰の肉を握り潰すかの様に、菊華を二本の指で深々と貫いたまま花びらの中に親指をずぶずぶと埋める。 そして、高々と右手を持ち上げた。

☆↓落ちてます。応援お願いします。

関連記事

PageTop