FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1590=責め立てられて。

 三宅の舌が咲織の花びらを掻き分け、秘芯を捉えた。 雷に打たれた様な衝撃が咲織を襲う。 歓びを越えた感悩の荒波に躯が逃げ出す。 それは思考と言うものでは無く、本能的な反応だった。 限界を越えた感悩に本能が怯えた。 咲織は三宅の口から秘唇を逃がそうと、鏡に突いた掌を上へ上へと這わせ、太腿を震わせて立ちあがろうとした。 

「感じろ。 逃げるな。 ご主人様が可愛がってやってるんだぞ。」
 三宅は咲織の腰に回した腕に力を籠め、咲織の秘部を自分の顔に押し付けた。 ぬちゃぬちゃと音を立て、咲織の小さめの花びらをすっぽりと口の中に啜り込む。 ついで、舌先を丸めて薄いベールに包まれた秘芯を包む様に嘗め上げた。 

「だめ、だめ。 いや、いや、離して、はなしてください。 あっ、あっ、あぁぁん。 あん、あん、あぁぁぁんん。」
 咲織は三宅の腕の力に抗い、三宅の口から逃れようと脚を腕を突っ張った。 その緊張した筋肉を揺るがす様に、激しい感悩が躯を貫く。 一時間もロータの刺激を前後から受け続けた咲織の感器は、微かな刺激にも大きく反応する程疼きに疼いていた。 そこを三宅に責め立てられ、神経が切れてしまう程の感悩が次々に咲織を襲う。 

「だめぇぇぇぇぇ。 あふんっ、はぁぁん。 いやぁぁぁぁっ。」
 三宅の口が咲織の花びらを吸い込む度に、舌先が秘芯をなぞる度に、菊華を指が捏ねくる度に、躯中で肉の歓びが炸裂した。 そして、それは一瞬一瞬大きなものになり、今にも咲織を越えた巨大な閃光となって爆ぜ様としていた。 いつもなら、疾うに歓びの中で気を失っていてもおかしくは無い感悩が咲織を包む。 にも拘らず、咲織のとろとろに熟した感器は尚も疼いていた。 

「あっ、あっ、あっ。 いけない、いけないんです。 だめ、だめ、ゆるしてぇぇ。」
 咲織は本能的な怯えから、全身に力を籠めて、三宅の腕を振り切った。 立ち上がった勢いで、そのまま後ろに倒れ込む。 ばしゃっと湯飛沫を上げて、咲織は背中から湯船に落ちた。 

「せっかく、俺が楽しんでいたのに途中で逃げ出すとは。 しかたの無い奴だ。 躯の自由を奪ってやらなければ、ご主人様の命令が聞けぬらしい。」
 三宅は溺れた咲織の腕を取って起き上がらせ、口ぶりとは裏腹にそのたわわな乳房が自分の胸板で潰れる程に咲織の躯をしっかりと抱き締めた。

「だって、だって、余りにも感じ過ぎて。 もう、壊れてしまいそうだったから。 ごめんなさい。 ご主人様がせっかく私をお口で直に慈しんでくださったのに。 駄目な奴麗。 嬉しくて、嬉しくて仕方がなかっのに。 躯が逃げてしまいました。 怖くて、怖くて。」
 咲織は三宅の肩に顔を埋めて泣いた。 泣いてるせいなのか、まだ感悩の余韻が波打つのか、幾度も幾度も躯を震わせしゃくりあげ続ける。

☆↓落ちてます。応援お願いします。

関連記事

PageTop