FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1578=身悶え。

「は、はい。 ほ、欲しいです。 抱いて、抱いて欲しいです。」
 咲織は三宅の指から伝えられる感悩に裸身を捩りながら、切れ切れに答えた。 自分で口にした事への羞ずかしさから、冷え切っていた筈の肌を朱らめる。 消え入りた気に身悶えた。 

「そうか。 随分と素直になったな。 抱くか抱かないかは俺の自由で、奴麗のおまえが知った事ではないが、聞かれた事に恥ずかしくとも素直に答えられる様になったのは進歩だ。 そうだ、奴麗は己の慾望に貪欲でなくてはいけない。 そうでなければ、奴麗と言う人でなしの地位に甘んじる意味が無い。」
 三宅は柔らかに言いながら、咲織の幼女の様に肉厚な秘唇を挟んでいるクランプに手を伸ばした。 その気配に柔肌が騒めき、ぴくぴくと粘膜が蠢く。 乳首に感じた様な激しい痛みを覚悟して、奥歯を噛み締めた。

「うっ、うぅぅん。」
 咲織の唇から零れたのは悲鳴では無かった。 それは刺激されるだけで与えられずに疼きに疼く躯が発する切ない啼き声だった。 元々クランプは乳首を引き絞っていたナイロン糸程に強く秘唇を挟んではいなかった。 それに、クランプは細いナイロン糸と違って小指の先程には幅がある。 その分、血が塞き止められる事も無く、咲織が怯える程には外された時の痛みは無かった。 その代わり、注ぎ込む血に秘唇は熱く燃え、痒みを伴った疼きを発した。 

 一つ、また一つとクランプが外されていくのに連れて、咲織の疼きは留まるところを知らずに昂まっていく。 咲織は叱責を覚悟しながらも、躯の求めに屈して三宅にしがみ付いていた。 そして子供が親の愛情を確かめでもする様に三宅にしがみ付きながら、三宅が嘲った通りに盛りのついた犬よろしく、三宅の自分の失禁で濡れたズボンに腰を押し付けずにはいられなかった。 

『罰してください。 幾らでも罰してください。 咲織は盛りのついた犬です。 婬濫な奴麗です。 そう言う女なんです。 もう隠したりはしません。 もう自分で否定したりしません。 だからこそ、ご主人様は咲織を奴麗にしてくださったのでしょう。 咲織がマゾで婬濫だから。 だからこそ、責めて楽しんでくださるのでしょう。 咲織は婬濫でいいのですよね。 この躯が望むままにご主人様に求めて良いのですよね。 歓びを与えてくださるのか、罰を与えてくださるのはご主人様次第。 どちらでも、咲織は嬉しいです。 かまって頂けるなら、それで嬉しいんです。』

 全てのクランプは疾うに外されていた。 一糸も纏わぬ躯となって、咲織はその躯を三宅にぶつける様に抱きついていた。 抱きつきながら、三宅に触れた肌から無上の歓びが躯に心に拡がるのを感じていた。 咲織は内側から燃え上がる躯を三宅の中に溶け入れる様に、一つの細胞でも多く三宅を感じたいと躯を寄せていく。

 三宅は意外にも何も言わず、罰も与えずその求めに応じる様に咲織の華奢な背に腕を回した。 その逞しい腕に力が籠められる。 咲織は蕩ける躯の中で小さな閃光が弾けるのを見詰めていた。

☆↓落ちてます。応援お願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。