FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1503=紅い蚯蚓腫れ。

「ひゃぁぁぁぁんんんん。」
 咲織は留め金が切れたバネの様に上体を跳ね上げ、悲鳴を噴き上げた。 

「あぅん、あんん、はっ、はっ、はっ、んんんん。」
 苦しげな呼吸の下から、絶え間なくしゃくりあげる。 全身が瘧を起こした様にがくんがくんと波打つ。 細い脹脛がはち切れそうに震えていた。

 三宅は咲織の小ぶりな尻たぼが生んだ真紅のルビーにも見える血玉が大きくなっていくのに眼を凝らしていた。 引き締まった唇の端が緊張に震えていた。 

「まだだ。 耐えろ。」
 自分に言い聞かせた様に、三宅は一つ大きく頷く。 二つに折ったベルトをぎっと引き絞った。 

「びちーーーん。」
 しんと佇んだ部屋の空気がガラスの様にぴきんと割れた。 咲織のぷりぷりと肉の詰まった尻たぼがぶるんと一つ揺り戻す。 肉の中から、左右の尻たぼを真っ二つに切り裂く血玉の列が生まれて来る。 
「ひゃえぁんんんんんんんんんんんんんんん。」
 肘かけを掴んだ細い指が今にもぽきりと折れそうに震えていた。 光に濡れた紅い唇は宙に喘ぎ、喘ぎながら悲痛な調べを吹き出し続ける。 まん丸な乳球がぶつかり合う様に弾んでいた。 

「びちーーーーん。」
「ぴしっ。」
「びーーーん。」
 硬い咲織の肉が高く高く鳴り続ける。 巻き毛が細い肩を掃いて宙に波打つ。 縊れた腰は大きな力で絞り上げられている様に右に左に捩れた。 

 血玉は幾筋もの真紅の線を丸い尻たぼに描いていた。 柔肌は紅蓮の熱棒を押し当てられて焼け焦げ、その下の肉はぐずぐずと崩れ爛れた様に感じられた。 躯を貫き続けている二本ディルドゥの存在さえ消し飛ぶ程の苦悶に咲織は躯をがくがくと揺らした。 

「ぐぁ、うぎぐ、ぐはっ。」
 悲鳴が喉に詰まり、咲織は断末魔の鯉の様に身を跳ね、のたうたせる。
「あぅぅんんんんんんんん。」
 咲織の光を帯びた裸身がぐったりとソファの背に寄り掛った。 時折、びくりとその躯が跳ねる様に揺れる他は柔らかな肢体は動きを失った。

 丸い尻たぼを横切る真っ赤な蚯蚓腫れから噴き出た血玉が、一つ、また一つと艶やかな柔肌の上をつーっと転がっていく。

☆↓1日一回、クリックお願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。