FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1481=無毛の恥丘に。

 声をあげまいと息を詰め、刻々と昇ってくる感悩を押さえ込むために唇を噛み締めているのが精一杯だった。 咲織は勝山の嘲りに怒りを向ける事など思いもしなかった。 ただ言い知れぬ哀しみが胸を爛れさせ、身を焼く様な苦い溶液が躯の裡にぽとんぽとんと滴り続ける。 細い腰がやり切れない思いに捩られる。

「菊華に一気に入れてしまっては、幾ら珍しい程に上付きの咲織さんでも秘唇に入れるのは無理の様ですね。 物欲しそうに涎を垂らしている秘唇にも、ゼリーを付けてあげましょう。 このゼリーは潤滑剤として柔肌を守るだけじゃなく、他に強力な楽しい効果もある様ですから。」
 勝山はディルドゥから手を離した。 桃色に染まった丸い尻たぼの間にディルドゥが黒々と突き刺さり、革のベルトがだらりと垂れ下がっていた。 それは誰が見てもこれ以上に婬美な光景は無いと言える絵だった。 しかも、その咲織がいる所は豪奢なロビーの中央なのだ。 咲織の傍に立つ安田と言う受付嬢だけでなく、フロントデスクの奥いる受付嬢も我を忘れた貌で咲織から眼を外せないでいた。

「本当に名器ですね。 今も指に花びらが絡み付いてくる。 この熱さ、この柔らかな締め付け。 堪らないですよ。 指でさえ感じてしまいます。」
 勝山は名残押しそうに咲織から指を抜くと、指をV字に開いて咲織の秘唇を押し拡げた。 桃色に濡れた花びらが恥ずかしげに顔を見せる。 そこへ尻たぼの下でぶら下がっていたもう一本のディルドの先が埋まっていく。

「あぁんっ。」
 噛み締めて紅く潤んだ唇を震わせて、甘い啼き声が漏れる。 その余りに婬らな啼き声に咲織は身を悶えさす。 ヒールを踏み締めた足裏がずきずきと痛んだ。
「ほぉれ。」
 勝山は咲織の尻たぼを割って突き出た二つのディルドゥを一気に突き上げた。 咲織の華奢な躯が一瞬ぴくんと浮き上がる。 

「あぁぁん。」
 咲織の小さく開いた口から甘い叫びが飛びだしていた。 その耳を塞ぎたくなる啼き声は丸い天井に撥ね返り、何時までも木霊して咲織の胸を叩き続ける。
「いい声です。 最後にその啼き声を聞かせて貰えて嬉しいですよ。 外れない様にベルトを締めてあげましょう。 待っててください。」

「こんな短いベルトで止まるのかと思ったが、咲織さんの腰は本当に細いんですね。 壊れ物みたいだ。」
 勝山はT型の革ベルトを咲織の腰に留めると、縦のベルトを掴んでぐいぐいと秘部に締め上げ、その先端の金具をバックルに嵌めた。 ぷっくりとした恥丘に喰い込むベルトの黒がその無毛の恥丘の白さを引き立てていた。 

☆↓1日一回、クリックお願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。