FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1470=子宮の奥まで。

 掻き毟りたい様な胸の苦しみに身悶えしながらも感悩の欲望は弥増しに燃え上がった。 

「そうですか。 清楚な美女から花びらを満開にしてまで熱望されては男として嫌と言う訳にはいきませんね。 そんなにこれが欲しかったのですか。 鞭を打たれながら、これを入れられる事ばかり考えていたのでしょう。 何処まで婬らな奴麗でしょう。 これでは三宅さんも人に預けなくては体が持たない訳だ。」
 勝山は態と咲織を貶める様に声高に言った。 

「あんっ、あぁん、あんあん。」
 勝山は黒光りするまでに固くなった肉傘を桃色に艶めく花びらに宛がい、焦らす様に擦り回す。 咲織の細腰がそれを求めてくねくねと円を描いた。 充血した花びらは血を滴らせた傷口の様に敏感に空気が触れるだけでも反応した。 自ら溢れさせた蜜を介して勝山の先で玩ばれる。 堪え様にも声が出ていた。 

「ほらっ。」
 勝山は熱蝋で責められ、さらに鞭で打たれて桜色も濃く色づき、熱く熟した双の乳房をがっしりと掴んだ。 節くれ立った長い指の間から肌理細やかに光を反射して弾力ある肉が零れる。 その荒々しい扱いにさえ咲織の肌は悦び、感悩を揺らした。 

 肌と言う肌が熱に浮かされ、優しい指遣いを、同時に荒々しい扱いを求めて騒めいていた。 熱蝋で焼かれ、鞭に弄られていない肌は無かった。 それでいて勝山の計算された鞭は柔肌に蚯蚓腫れ一つ創らず、ただ花びらの粘膜の様に過敏にしていた。 咲織の朱く燃えた柔肌は、触れられる前から勝山の体温だけで粟立った。 

「あぁぁぁぁぁぁぁんん。」
 勝山が花びらに宛がったその一点にだけ全ての体重を掛けた。 絶叫にも似た悦びの声を咲織は挙げていた。 じゅくじゅくと疼いてはいても幼さの残る狭い咲織の花鞘を押し拡げて、長大な灼熱が突き刺さった。

 両膝を自らの腕で抱え、秘唇を上に突き出していたために、勝山の物はその根元まで深々と咲織の花鞘を侵した。 子宮の入り口さえ勝山の物に抉じ開けられる。 一気に擦り上げられた粘膜はじわりとした痛みと共に生の悦びに湧き、全身の血を熱く漲らせた。 

「嬉しいですか?」
 勝山の叱責にも似た問い掛けに咲織は奥歯を噛み締めたまま、うんうんと頷く。 頷きながらも、惨めさと哀しみとが思い鎖となって胸に巻き付き、ぎゅうと締め付けてくる。 それでも、燃え盛ろうとする肉の業火を前に石の様な固い諦めを自ら呑み込んでいた。 

☆↓1日一回、クリックお願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。