FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1460=肉の燭台。

「うぐあ。 あぅあぁぁぁぁ。」
 喉を塞いでいた勝山の物が引き、咲織は息を吹き返す。 空気を求めて開いた紅い唇からだらだらと涎と共に体液が溢れる。 それは頬を伝い、逆巻く栗色の髪までも汚して流れ落ちた。

 意識がはっきりと戻るに連れて、深い哀しみが胸をドリルの様に穿ち、惨めさに胸が締め付けられる。 

『咲織は、逝ってしまったの? 今、咲織は感じたの? こんな、こんな酷い扱いを受けて。 醜く、涎を息が詰まる程に垂れ流して。 汚い顔を晒し、全てを晒し、恥も何もかも失くして。 もう、咲織は人じゃない。 人なんて言えない。 そんな所へ、堕ちてしまった。』

 胸が詰まる思いに咽ぶ事すら勝山は許さなかった。 咲織の荒い呼吸が戻るのを待ち、勝山は咲織の喉を再び突いた。 今度は両掌で咲織の頭を抱え、前後に大きく動かした。 

 天井から逆さに太腿の付け根で吊られた咲織の躯は、麻縄を軋ませて躯ごと前後に揺れた。 ごふごふと体液を吹き上げるのも構わず、否、咲織の可憐な貌が苦痛に歪み、華奢な躯ががくがくと瘧を振るうのを愉しみ、引き出すかの様に勝山は自らの硬直を咲織の口に叩き込んだ。 

 咲織はなす術を持たなかった。 ただ喉深くを貫き、そして引いていく勝山の灼熱に翻弄され続けるしかない。 勝山の意のままに突き入れられて、苦痛にもだえ、喉から引いた一瞬に息をする。

 その間にも和蝋燭を奥深くまで呑み込まされた秘唇と菊華は押し拡げられて悲鳴を上げ、同時に勝手に蠢動する粘膜の襞一つ一つが絶え間なく感悩の波を屋越し続ける。 咲織の意識は何時しか形を失い、暗い闇の中でもだえ、身を捩った。

「いい。 いい。 最高です。 体に感じる良さだけじゃない。 やはり侵すなら美しい顔に限る。 こんなに美しい顔が私の物を呑み込み、苦痛に歪むのを見られる幸せ。 最高です。 ほら、もっと、もっと苦しみなさい。 もっと、もっと感じなさい。 ほら、ほら。 いくぞ。」
 勝山は咲織の顔を、躯を一層激しく前後に揺さぶった。 咲織の蝋燭で真っ赤に塗り込められた華奢な躯が、傾きかけた陽射しに黄色く染まった部屋で風に玩ばれる紅葉の様に揺れている。 しんとした空気をただ断末魔の喘ぎだけが震わせていた。 

「いい。 いい。 いい。」
 勝山は体を小刻みに震わせた。 開いた足で大地を踏みしめ、雄々しく吠える獣の様に天に向かって雄叫びを上げる。 全身を雷に打たれた様に硬直させ、咲織の頭をがっしりと掴んで、己の灼熱を根元まで強引に押し込んだ。

☆↓1日一回、クリックお願いします。

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。