FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1457=肉の悦び。

「あぁぁんん。 あ、あ、ぁぁんんんん。」
 小さな両足の間から顔を出すまでに窮屈に折り曲げられ、今紅い蝋燭を突き立てられた菊華を突き出して、両の太腿で天井から吊り下げられた咲織は苦しみにではなく、肉を震わす悦びに甘い悲鳴を上げていた。 

「欲しいですか? ここに、この奥にまで貫いて欲しいですか。」
 勝山は咲織の濡れそぼった桃色の花びらを和蝋燭の底で弄りながら意地悪く聞く。
「あんん。 あ、あ。 いや、いや。 あぇんん。」
 咲織は限られた自由の中で首を振り、啼き声を上げ続けた。 最早自分でもはいなのかいいえなのか判らなかった。 それ程までに躯は疼き、熱い血が駆け廻っていた。

 秘唇は震え、下腹がきゅうきゅうと収縮している様だった。 菊華に呑み込まれた太い和蝋燭は動かなくても、絶えずその圧倒的な存在感を伝えて来る。 その奥の花鞘の粘膜がうずうずと蠢動し続けていた。 

「どうなんです。 欲しいのですか。 欲しくないのですか。」
 勝山の尖った声が咲織の耳に落ちて来る。 わざとなのだろう。 一歩近づいた勝山のまだどろんと柔らかいままのどす黒い海鼠が咲織の喘ぐ唇を叩いた。 その醜悪な物で唇を打たれても抗議の声さえ上げられない惨めさに咲織の心臓が血を流す。 そして、その痛みに下腹がきゅぅっと捩れる。 

『なんて、なんて躯。 なんて、女なの、咲織は。 こんなにされても、欲しがっているなんて。 止められない。 どうせ、どっちの返事をしても、酷い言葉で詰られ、好きなだけ打たれて啼かされるだけなのに。 あぁ、それでもいい。 どんなに啼いても、どんなに貶められても。 この息が出来ない程の疼きが消え去るなら。 欲しい。 無茶苦茶にされたい。 何処までも、何処までも堕ちていきたい。 そして、もう二度と。 もう二度と、ご主人様以外の人にはこの躯を。 例え、ご主人様に叱られても。 どんなに責められても。 あぁ、ご主人様。 ご主人様に責められたい。 でも。 許して頂けなかったら。 責めても頂けなかったら・・・。』

 咲織の中で様々な想いが瞬時に逆巻いた。 そして、最後はここにはいない三宅の姿を追い求め、胸も躯も苦しいまでに身悶えた。 

「どうなんです。 欲しくは無いのですね。」
 勝山は咲織の花びらから和蝋燭を離した。 離されてもまだ感悩に震え続ける太腿の付け根の筋肉の動きが花びらに伝わり、花びらがまるで生き物の様にその濡れた桃色の肉を物欲しげに引くつかせる。 

「欲しいと言ってますよ。 咲織さんの正直な口は。」
 揶揄の言葉にも濡れてしまうのを咲織は知った。 咲織は興奮に紅を濃くした唇を開き、勝山の物に舌を巻き付けていた。 

☆↓1日一回、クリックお願いします。

関連記事

PageTop