FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1454=顔も隠せなくて。

「あ、ぅぅぅぅぅっ。」
 敏感な粘膜に張り付いた蝋涙を剥がされる異常な感覚に咲織は呻きを挙げた。 蝋涙は開いた花びらの奥にまで忍び込んでいた。 まるで瘡蓋を剥がされる様な痛みと痒みの入り混じった激しい感覚と、敏感な感悩の粘膜を擦り上げられる快感とが一気に躯を走る。 咲織は唯一自由になる小さな手を背中で握り締めていた。 

「ほほ、綺麗に取れましたよ。 咲織さんの秘唇と菊華の鋳型が。 ほら、菊華の細やかな筋までくっきりと写っている。」
 勝山は咲織の秘部から剥がした紅い蝋の塊を咲織に見せつけた。 思わず開いた咲織の瞳に自分でも確かに見た事の無い、秘唇と菊華の襞がまざまざと映った。 その秘すべき処を女の恥辱の源泉を陽の元に曝された激しい羞らいが咲織を襲った。 咲織は身動きの取れない躯を肉を震わせた。 

『あんなにもはっきりと。 恥ずかしい。 恥ずかしくて息が詰りそう。 心臓が割れてしまいそう。 そんなもの早く捨ててください。 早く跡形なく壊して。』

 咲織は逆さに吊られた貌を真っ赤に染めた。 その貌を隠す事も出来ない事が一層咲織の羞恥と狼狽を掻き立てる。 固められた蝋の下で柔肌が熱く火照った。

「どうです? 素晴らしい出来でしょう。 これを凹型にして、この上にシリコンでも流せば、感触もそのままの咲織さんの秘唇と菊華の正確な模型が作れますね。 そうだ、本当に作って、咲織さんを責められた記念に私の書斎に飾っておきましょう。」
 勝山は大事そうに手にした紅い蝋の塊をテーブルの上に置いた。 戻ってくる時には先程まで咲織の柔肌を焼いた紅い極太の和蝋燭を二本とも手にしていた。 その和蝋燭を両掌に持ったまま、顔をだけを傾けて、咲織の桃色も鮮やかに潤んだ秘唇に唇を押し付ける。

 そのまま、蜜を吸い出す様にちゅうちゅうと音を立てて吸い上げる。
 その吸気に花びらがそよそよと震えた。 堪え様も無く感悩の波が躯の中を降りていく。 咲織は逆さに吊られながら、肉の悦びを噛み締めていた。 

「ふふ、蝋涙の下で婬濫極まりない咲織さんの花びらはじゅくじゅくと蜜を垂らしていましたよ。 ほら、こんなにねっとりと濡れそぼっている。 その下で物欲しそうにひくついている菊華にも蜜をたっぷりと塗りつけてあげましょう。」
 勝山は態と一々言葉にして咲織の羞恥を引き出し、好きな様に玩んだ。 舌で肉厚の可憐な花びらを捲り上げ、隠れていた小さな秘芽を見つけると薄い唇を窄めて啜り上げる。 ほよほよと秘芽は口の中で震え、言い知れぬ感悩のさざ波が子宮を揺らす。

「あぁぁぁ、んんんん。」
 咲織は悦びの啼き声を上げていた。 その声を合図に勝山は咲織の秘唇から唇を離し、手にした和蝋燭の底を秘唇に宛がった。 元々そういう目的で作られていたらしく和蝋燭の底は平らでは無く、丸く球形に成形されていた。 

☆ ↓ピンチです、咲織を助けてね。

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。