FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1440=限界を超えて。

「あぁぁぁぁぁぁ。」
 勝山が咲織の菊華から硬直を一気に引き抜いた。 身を引き絞られる感覚に咲織は悲鳴に近い哭き声を上げる。

「あ、ぁ、うんんんん。」
 勝山の太い硬直が今度は細い随喜の張り型の代わりに秘唇を押し拡げ、花びらを散らして花鞘深く侵してきた。 どーんと重い物を叩きつけられた様な感悩が背骨を軋ませる。 咲織は高く高く啼くしかなかった。 小さな両掌で必死に繋がれた鎖を掴み躯を支える。 愛らしい足指が床を掴もうとする様に曲げられた。 

「これが、これが欲しかったんでしょう。 いっぱい上げますよ。」
 勝山は握り締めた咲織の若い乳房を支点にして、太い硬直を秘唇の奥深くまで叩き込んだ。

「だめ、だめ、だめ。 止めて。 止めてください。 あ、ぁぁぁ。」
 躯中から一気に感悩が押し寄せた。 神経の限界を超えた刺激は歓びと言うより、のたうつ苦しみに近かった。 咲織は身を捩り、啼いた。 大きな瞳が宙を彷徨っていた。 咲織は叫んでいた。 この感悩の地獄からの救いを求めて。 

「いい、いい。 もっと、締めろ。 脈打っている。 私のを絞り取る様に。 もっとだ、もっと。」
 勝山はぱんぱんと音を立て、咲織の尻たぼに腰を打ちつける。 硬直が叩き込まれる度に、引き抜かれる度に、閃光が光った。 神経の限界を超えた感悩が咲織の肉を粉々に砕く様に体の中で暴れる。 咲織は宙に舞いながら、身を捩った。 

「いいですよ。 感じる、感じる、咲織さんが昇り詰めていくのを。 凄い締め付けです。 若い者ならとっくに放っているでしょうね。」
 勝山は咲織の乳房をぐにゅぐにゅと揉みし抱き、腰を打ちつける。 太い物が咲織の花鞘の粘膜を抉る様に貫き、また去っていく。 その度に粘膜の襞一つ一つが悦びの波を起こした。 咲織の神経はもう付いて来られなかった。 巨大な閃光が瞬いた時、咲織の神経は滅するのを怖れて、切れた。 

「逝き果てましたか。 仕方が無い。 私がまだだと言うのに、勝手な奴麗だ。 罰を与えなくてはいけませんね。 元々の約束ですし。 もっと、もっと啼いて貰いますよ。 その可憐な躯を悶えさえ、私を愉しませてください。」
 勝山は一人ごちると咲織の躯から離れた。 黒い硬直の先から咲織の花びらへ婬汁が糸を引いた。 

 勝山は柱のスイッチを操作した。 咲織の両腕を吊るしたバーがゆっくりと下がり、咲織の華奢な裸身が落ちていった。 

☆ ↓ピンチです、咲織を助けてね。

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。