FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1438=逃げ出したい程の。

「いけっ。」
 勝山は掛け声とともに、咲織の花びらを随喜の張り型で深々と犯した。 奥の門に当るまで一気に貫く。
「あぅぅぅぅぅんんんん。」
 ぴたりと閉じていた花鞘の粘膜が無理やり押し開かれる感触に咲織は啼き上げた。 粘膜の襞はその太くは無い張り型をぎゅっと締め付け、その感悩の粒一粒一粒を随喜の網目に喰い込ませる。 

「ひゃぁんんんんん。」
 勝山は随喜の張り型で花びらを貫いたまま、咲織の菊華深く己の熱い硬直を突き入れる。 それは菊華の周りに伸びた感悩の神経を刺激するだけでなく、同時に随喜の張り型を銜え込んで直腸にぴったりと押し付けられた花鞘の粘膜までも一気に擦り上げていった。

 嘗て無い肉の悦びが咲織の中を突き抜ける。 咲織は鎖で繋がれている事も忘れその背を仰け反らせて、魂切る啼き声を放った。

 長い長い時間、満たす事の無い刺激に曝され、焦らされ、疼き続けていた咲織の躯は初めて待ちに待った的を射られて爆ぜた。 咲織は巨大な閃光に包まれた。 がくがくと華奢な躯は弾ける様に痙攣した。

「いけっ、何度でも。 ほら、ほら、ほらっ。」
 勝山は咲織の腰を軽々と片腕に抱いて、ずんずんと咲織の尻たぼを腰に打ちつけた。 その度に勝山の太い硬直が菊華を押し拡げ、随喜の張り型と挟み込む様に直腸と花鞘の粘膜を擦り上げる。 苦しい程の、逃げ出したい程に恐ろしい感悩の大波が咲織を襲う。 

「はぁ、はぁ、あ、あ、あぁ。」
 咲織の開いた唇からはもはや高い啼き声は聞こえてこなかった。 ただ凩にも似た哀調を含んだ荒い呼吸音だけが部屋に響く。 

 躯中の力は抜け、肉と言う肉が溶け出した様だった。 勝山に腰を抱かれていなければ膝から落ちていた。 上半身の体重を支える肩が抜ける程に痛んだ。 それでも、貪欲な躯は更に歓びを求めて、婬らしく勝山の硬直に菊華を擦り付けようと丸い尻たぼを妖しく蠢かした。 

「いけっ。 逝きなさい。」
 勝山が強い言葉を放った。 己の硬直を激しく咲織の尻たぼに叩き付ける。 そうして咲織の菊華を侵しながら、花鞘の中の随喜の張り型を前後に動かす。 奥深く突き入れる度に張り型を握った勝山の指がクランプ責めに充血した秘芽をぐりぐりと擦り、押し潰す。 ドリルで抉る様に感悩が咲織の脊椎を貫く。 

☆ ↓ピンチです、咲織を助けてね。

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。