FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1432=好きにされる体。 

「躯が床と水平になる様に腰から折ってください。 さもないと、首輪がその首を締めつけますよ。」
 勝山は言うが早いか、咲織の首輪に繋いだ鎖をぐいと力任せに下へと引っ張った。 咲織の開かされた足が頼りなく蹌踉めく。 首が折れそうな痛みに腰は自然とくの字に折れていた。 バーに繋がれた腕が背中の上でV型に痛々しくぴんと伸び切る。 勝山は咲織の顔の位置を確認すると、鎖を床の金輪にカチャリと留めた。
  
 急激な躯の動きに乳房から秘芽から垂れた重いバイブが肉を引っ張って、大きく揺れた。 身が砕かれる様な痛みに曝され、あらゆる感覚が荒れ狂う。 咲織は何も考えられなくなっていた。 躯の全てを勝山に晒している恥ずかしさも、その身を好きな様に玩ばれる口惜しさも、愛する三宅に見捨てられた哀しささえも陰を潜ませ、代わりに痛みと我慢できない程の疼きと肌と言う肌に満ちた感脳とだけが渦巻いていた。

 白い肌は桜色に染まり、汗に濡れた巻き毛がその細い肩で舞っていた。 綺麗な弓形を描いた背中から、透明な蒸気が立ち昇る。 

「うぅぐぅぅ。」
 咲織は苦しげに呻いた。 呻き、啼く事だけが咲織に許された全てだった。 勝山の言うご主人様の思うがままに躯を委ねる奴麗そのものだと咲織は悟った。 

 咲織は、折り曲げた上体とのバランスを取るために、ぷりっと上がった丸い尻を自由にして欲しいとばかりに後ろに突き出し、重いバイブのぶら下がる丸々とした乳房を下にして、華奢な躯を水平に折り曲げていた。 ぴんと伸びた脚は左右に引き裂かれ、その桜色を載せた頂きからもバイブがぶら下がり、今も細かに震えている。 俯いた桃色の唇は漏れ続ける喘ぎに濡れて常に半開きだった。 

 躯の全てを好きなだけ玩んでくださいと言わんばかりに差し出している事は咲織も嫌という程に判っていた。 しかし、咲織にはその躯を隠す事はもちろん、少しでも動かす自由は与えられていなかった。

 脚を閉じる事も、腰を伸ばす事も、上体を上げる事も下げる事も自分一人では出来なかった。 咲織に与えられた自由と言えるものは、ただ今も荒い息に胸を上下させる事だけだった。 

『早く、早く、どうにかしてください。 咲織の躯を好きな様にして。 勝山さんの言う通り私は、咲織は奴麗。 自由にされる事を望んでいる。』

 勝山は時折咲織の肌に触れながら、点検する様に咲織の周りを回った。 その間も乳房が根元から引き千切れる様な重い苦しみと、バイブが与える絶え間ない刺激と、それに反応する随喜に責められた花鞘の掻き毟りたくなる様な非常な疼きに咲織は曝され、そこからの救出だけを待ち望んでいた。 そこから抜け出せるならと、何時しか咲織は勝山の物に好きなだけ身を貫かれる事を希み、鞭の嵐に気を失う事すら恋焦がれ始めた。

☆ ↓ピンチです、咲織を助けてね。

 
関連記事

PageTop