FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1428=喉を。

 咲織は切羽詰まった自分の声が何時までも部屋に木霊している気がした。 
勝山の勝ち誇った顔が見えた。 

『あぁぁ、言ってしまった。 恥知らずな言葉を口に。 なんて、婬らな女。 ごめんなさい、ご主人様。 咲織は、咲織はどうしようもなく婬らな女です。 でも、これが咲織の正体。 幾ら清純さを装っても、幾ら純愛に憧れても、躯は、躯は婬美な刺激を求めて、疼いてしまう。 もう、もう止められないんです。 止めたら、狂いそうなんです。 変になりそうなんです。 お許しください。 どうか、どうか、憐れな女と嗤って。 ご主人様にはもっと、もっと恥ずかしく、辛い責めを咲織にお与え頂きたいです。 どんなに辛いご調教でも、命が無くなる様な責め苦でも、咲織は悦んで受け入れます。 もう、逃げたりしません。 もう、許して欲しいなどと口にしません。 思いもしません。 心から、ご主人様に責めて頂ける事を悦びます。 それが、どんなにか幸せな事か、本当に判りました。』

「いい顔をしている。 何か吹っ切れた様ですね。 婬濫な自分を受け入れる決意がつきましたか。 マゾ奴麗として生きていくしかない事を。」
 勝山は静かに言うと、咲織の覚悟を測る様に態とやらしく舌嘗めずりした口を咲織に押し付けた。 一瞬の躊躇の後、咲織はすぐに唇を開いた。 躯の裡の婬蕩なものを自ら煽る様に侵入してきた勝山の舌に自らの舌を絡める。 唾液ごとその舌を啜った。 その唾液が粘膜を灼いて喉を降りていく。 勝山の腕に抱かれ、咲織はその裸身を熱く燃やした。 手首を繋ぐ鎖ががちゃがちゃと鳴った。 

 勝山はなかなか咲織の唇を離さなかった。 咲織の舌の根が痺れる程に強く吸い、内側の粘膜をぬとぬとと嘗め、唾液を啜った。 勝山の腕の中で咲織の躯が力無く溶けていく。 息の止まる苦しさが咲織の細胞を婬らに起こす。 咲織は舌の痛みが躯の中で婬らな悦びに変わっていくのを静かな気持ちで見届けていた。

 勝山は咲織の唇を奪ったまま、咲織を強く抱き締めた。 咲織の躯にぶるぶると震え続けるバイブが密着する。 その振動が肌だけでなく、その奥までも揺らした。 勝山の指が火照った尻たぼを撫で回し、やがて濡れた秘唇に押し入ってくる。 咲織は蜜を溢れさせ、突き抜ける啼き声を吐息に変えて勝山の口の中に洩らした。 細い喉が苦しげに波打っていた。 

「欲しいですか。 これが。」
 勝山の熱い声が咲織の耳を弄った。
「はい。 欲しいです。」
 自分の声が咲織の下腹に降りていく。 じんとそこが煮え滾った。

「じゃあ、張り型で秘唇を弄りながら、菊華を激しく奪って下さいと願い出なさい。 この口で言ったら、希望を叶えてあげますよ。」

☆ ↓ピンチです、咲織を助けてね。

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。