FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1427=昇り詰めて。

「婬らな躯ですね。 声を掛けても起きなかったのに、随喜の張り型を秘唇に咥え込ませたら、すぐに目覚める。 目覚めてすぐに身を捩って善がる。 ふふ、罰は終わりましたよ。 今は逝きなさい。 思いっきり。」
 背後から勝山の声がした。 勝山は肩に掛る巻き毛を掻き上げ、後れ毛が煙るうなじをぺろぺろと嘗め始めた。 前に回された片掌が大きな洗濯ばさみに拉がれた乳房を掴み、ゆるゆると揉みたてた。 痛みよりも哀しいまでに深い感悩に咲織の躯は落ち込もうとするようだった。

 咲織は咲織が目覚める前から、勝山はそうして咲織の若い躯を愉しんでいたのかも知れないと思った。 それが一体どのくらいの長さだったのか、咲織にはもうどうでもいい事だった。 

 勝山は咲織の躯の感触を全身で愉しみながら、秘唇に埋めた張り型をずんずんと動かした。 咲織の躯は勝山の嘲りを否定しようも無く、反応する。 電気鞭の衝撃に気を失う前よりも激しく、咲織の躯は疼いた。 随喜の張り型が花鞘の粘膜を擦り上げる度に、脊髄を揺るがして感悩の渦が上へ上へと昇ってくる。 

 すぐに咲織の躯は感悩に蕩け、膝が崩れた。 軽いとは言え、体重の全てを受け止める鎖に繋がれた細い腕の骨が軋んだ。 くなくなと崩れた躯を感悩が貫いては引いていく。 引き潮の度に疼きは昂まり、歯止めが効かなくなっていた。 咲織の躯は咲織の意思を離れ、婬美な欲望のままに突き進み始めていた。

 勝山の背後から回した掌が動き、随喜の張り型が咲織の花びらを掻き分けて出入りする度に、擦り上げられる粘膜から否応の無い感悩が湧き立つ。 咲織は幾ら肩が痛んでも立つ事も出来ず、ただ感悩の波にその身を揺さ振られ続けるしかなかった。 

「あぁぁぁっ。 あ、あ、あぁぁ。 あん、あんんん。」
 幾度も躯を痺れる様な閃光が走った。 が、幾度閃光が走っても、込み上げる疼きは収まる事を知らず、却って昂まってくる。 その耐え難い痒みの様な疼きに躯は悶え、意識は狂いそうになる。 

 自分の媚びた啼き声が咲織を更に婬らにした。 うなじを擽る勝山の生温かな息遣いにさえ、うっとりと躯が溶け出す。 三つのバイブが立てる蜂の群れの様な羽音にさえ、切なく躯の芯が捩れた。 若い柔肌は熱く濡れて、婬美に陽の光を跳ね返していた。 華奢な躯は囚われた白蛇の様にうねり、妖しい湯気を立ち昇らせていた。

「あぁ。 だめ。 いや、いゃ。 やめないで。 おねがい。」 
 咲織は大きな瞳を妖しく濡らし、咲織から離れて前に回った勝山を斜に睨んだ。 
「何をやめて欲しくないのです?」
 勝山は意地悪く言った。 掌にした随喜の張り型を咲織の顔の前に突き付ける。

「それで咲織を、咲織を弄ってください。」

☆ ↓ピンチです、咲織を助けてね。

 
関連記事

PageTop