FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1420=鎖を鳴らして。

「あ、あ、あぁ、ぁぁ、は、は、ぁむん。 はん、はん、はぅん。」
 咲織は肉を砕く様な感覚に怯えた。 秘芽を刺激されていると言うより、躯ごと巨大な力で揺さ振られている様だった。 その暴力的な嵐の前に、全ての感情は飛び退り、咲織は真っ白な意識の中で余りの刺激にただ怯えた。

「ひゃいぃぃぃんんん。 ひゃあぁぁぁ。 きゃぁぁぁぁ。」
 勝山は秘芽から伸びたバイブをぽんと掌で跳ね上げる。 バイブが重たげに落ちる。 秘芽が引き千切れ、血が噴き出す様な痛みと同時に雷に打たれた様な感悩が咲織の躯を突き抜ける。 華奢な躯がばらばらになるかと思う程、咲織は鎖の下で展翅された優美な裸身をのたうたせた。 

「ふふふ。 三つのクランプバイブが奏でる味、愉しんで頂いているようですね。 ちょっと感じた事の無い良さでしょう。」
 勝山はゆったりと笑みを浮かべ、再び秘芽から垂れたバイブをちょんと跳ね上げた。 苦痛とも感悩とも疼きとも判らない内臓まで捻じれる様な感覚の渦が躯の中を舞い上がる。 咲織はビブラートの掛った啼き声を上げ続けた。 白く平らな腹は捩れ、その上でたぷたぷとバイブを載せた乳房が揺れる。

 鎖に繋がれた四肢は瘧を起こした様にがくがくと震えた。 躯が動く度に、クランプで挟まれた乳首から、秘芽から、そして随喜の張り型を呑み込まされた秘唇から新たな刺激が生れ、それぞれが一つの渦となって躯を貫いていく。 咲織は啼く事さえ出来ず、感覚の奔流に身を委ねた。 鎖に繋がれた躯が大波に飲まれた木の葉の様に舞う。   

 随喜の張り型からぶら下がった鉛の錘が大きく揺れた。 躯の奥の奥を掌で掴まれ、ぐりぐりと掻き回される様な激しい感悩の渦が咲織を覆う。 咲織は両腕を繋ぐ鎖を鳴らし、痙攣した。

「ぐわっ、ぎゃ、はぁ、ひゃぁぁぁ。」
 啼き声と言うより、獣の雄叫びにも似た悲鳴を間歇的に噴き上げる。 がくがくと揺れ続ける躯の中心で鈍色の錘がぶらんぶらんと弧を描く。 やがて、随喜の張り型が桃色の花びらとの間に婬蜜の糸を引いて、ずるりとその白い姿を現した。 どすんと木の床を錘が叩いた。

「三度目です。」
 勝山は細く啼き続けている咲織の顎をがしっと掴んで自分を見上げさせた。 敗北を宣言された咲織の瞳が陰を哀しい宿す。
「う、うぅぅっ。」
 まだ、躯はバイブの起こす嵐の中で舞い続けていた。 それでも、勝山の発した言葉の意味は胸の奥に鋭く刺さった。 その痛みに咲織は泣く様に呻いた。

「約束です、お客様は呼びませんが、罰は罰として与えますよ。 責めとは別にね。」

☆ ↓ピンチです、咲織を助けてね。

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。