FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1409=潰された乳首。

 只でさえ、大ぶりの洗濯ばさみで下半分を締め上げられ、ぱんぱんに張り切った根元を強い力で掴まれ、咲織の乳房は柔肌は今にも爆ぜそうに薄く光った。

 そのやや向きの先端で桃色の蕾が突き出される。 勝山はその小さな乳首の根元を指先で扱く様に摘まみ、クランプの黒い金属片の間に挟んだ。 黒い金属片の一部が桜色の乳暈にめり込む程深く挟み込む。 咲織の小さな蕾は大きくは無い金属片の中に殆ど隠れてしまった。

「クリップの様にバネじゃないんです。 この根元の小さな捩子を回して、挟む力を加減が出来る。 クランプの下に重い卵が付いていますからね。 かなり強く締め付け無いと。 それに元々これは罰なんですし、咲織さんを悦ばせるばかりではね。」
 勝山はそう言って咲織の顔を窺った。 その美貌に怖れが走るのを見届けてから、じわじわとクランプの根元の小さな捩子を器用に回した。 丸い乳首は金属片の間で徐々に縦に押し潰されてく。 それに連れて、咲織の可憐な美貌が悲痛に引き攣る。

「うわぁぁぁんん。 くぅぅぅ。」
 胸いっぱいに溜った痛みに耐えた熱い空気を吐き出す様に、咲織は啼いた。 胸の蕾と秘唇の奥が一本の張り詰めた糸で繋がっている様に、乳首の潰れる痛みに秘唇の奥が引き攣った。 そのぴんと張った糸から痛みが躯中に伝播していく。

 身を砕かれる様な強い痛みに、秘唇の奥がくっくっと震える。 満たされない疼きがその刺激に蠢きだす。 咲織は繋がれた躯を精一杯に捻って痛みと疼きに耐えていた。 

「あぁあ。 可愛い乳首がこんなに潰れてしまって見る影もない。 クランプの先から顔を覗かせた粘膜が針で突いたらパンと割れそうに薄く伸びて。 痛いですか。」
 勝山の問いに答えれば、泣き出しそうだった。 躯を貫く痛みに今にも涙が溢れ、許しを乞うのを必死で堪えた。 強く鎖を握ったか細い二の腕に緊張の筋がぴくぴくと浮かんでいる。 

『どこまで。 どこまで責められれば。 ご主人様。 この痛みもこの哀しみもご主人様が望まれたものなんですか。 咲織は耐えなきゃいけないんですか。 耐えたら、褒めてくださいますか。 あぁ、こんなにも苦しいのに、あそこが疼く。 痒い様にに疼いている。 掻き毟りたい。 変になりそう。』

 咲織はくっくっと啼き声を断続的に上げながら、その華奢な躯を震わせていた。 

「あぁぁぁぁ。」
 勝山が掌で玩んでいたクランプと一体になった銀色に光る卵大のバイブを離した瞬間、鋭い痛みが咲織の躯を貫いた。 咲織は繋がれた鎖を引き千切らんばかりに躯を反らせた。 細い手首に革枷が喰い込み、小さな掌が白く鬱血する。 
「いい反応だ。 気に入って貰らえたようですね。 こっちも飾ってあげなくてあげなくては。」

☆ ↓お願い、1クリックで助けて。

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。