FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1398=弓反る背中。

「我慢しなくても幾らでも啼いていいんですよ。 啼く事も許さない時はちゃんとそう言いますし、猿轡でも嵌めます。 啼くことが奴麗に与えられた唯一の表現ですし、それを聞く事が我々の最高の愉しみなんですから、我慢なんかしないで思う存分啼いてください。 この部屋はちょっとした離れになってますから、幾ら咲織さんが啼いても他のお客様のご迷惑にもなりませんしね。」
 勝山は咲織の耳元に吹き込みながらも、随喜の張り型で花びらと秘芽をそろそろと撫で回し続けていた。 咲織にはその張り型が与える刺激がいつもより遥かに強く感じられた。 ちょんと花びらに当てられるだけでびぃんと痛い程の細い電気が脊髄を貫く。

 くちょくちょと花びらを巻き込み絡めるように張り型が動けば、下半身が捩れる様な感悩が湧き立った。 咲織はもう勝山の顔を見てはいられなかった。 唇をきゅっと引き締めて喉元までせり上がった啼き声を堪え、鎖を強く握って湧き上がる感悩の波に耐えた。

「はっ、はっ、はぁぃんっ。」
 勝山は随喜の張り型を花びらの中にずぶりと押し入れていく。 狭い花鞘の粘膜が無理やり押し拡げられる鈍痛と同時に、全ての神経がびりびりと電気を送ってくる。 大きく開かされた脚がわなわなと波打ち、踵が前のめりにせり上がる。 きゅっと内側に曲げられた爪先で辛うじて床を掴んだ。

 咲織のしなやかな躯が緩やかに弓型を描いていく。 丸い先が咲織の子宮に当るまで、勝山は張り型を捻じ込んでいった。 桃色の花びらを破って、白い随喜の張り型が指の長さ程突き出し、その先に銀色の金輪が光っていた。 

「気持ち良さそうですね。 もっと気持ち良くなる様に、これを加えて上げましょう。でも、気持ち良さにかまけていると随喜の張り型がすぽんと抜けてしまいますよ。」
 勝山は楽しげに咲織に卵大の鉛の錘を見せた。 咲織の貌に驚きと哀しげな表情が浮かぶのを待って、これ見よがしに足元にしゃがみ込む。 張り型の尾部に付いている金輪に掌にした錘を掛けた。 

「意外と重いんですよ、これ。 それに先程お見せした様に今咲織さんが秘唇に咥えている物は元々細い上に先へいく程細くなっていますから、それだけに余程気張って締め付けないと抜けやすいんです。 いいですか、落としたら罰ですよ。」
 勝山は立ち上がり、咲織の貌を見詰めながら、掌の中から錘を落とした。

「うっ。」
 粘膜を擦りながら、ぐっと花鞘の中の随喜が下がる。 咲織はずぅんと下腹を叩く感覚に思わず、呻いた。 慌てて、尻たぼをきゅっと引き上げ、秘唇を引き締める。 それでも、絶えず随喜の張り型が絡み付いた粘膜の襞を下へ下へと引き摺る感覚が伝わってくる。

 咲織は桜貝に飾られた爪先を引き付け、滑らかな裡太腿に筋が走る程に括約筋に力を籠めた。 意識は全て随喜に絡み付く粘膜の襞に向かっていた。 強く締め付ければ付ける程、粘膜の襞は張り型に絡み付き、感悩の波を伝えてきた。

☆ ↓ピンチです、咲織を助けてね。

 
関連記事

PageTop