FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1348=凧糸責め。

『ご主人様。 とうとうご主人様に触れられた。 ご主人様の肌。 ご主人様の熱。 ご主人様の薫り。 咲織の中に沁みていく。 感じる。 あ、ぁっ。 逝きそう。』

 咲織は小さな舌を精一杯に伸ばし、三宅の菊門の襞の一つ一つを嘗めていく。 汚らわしいなどとは思わなかった。 ただ、三宅に触れられる事が嬉しくて夢中で全てを嘗め取った。 唾が溢れ、音を立てて飲み下す。 三宅の肌を濡らしたそれすらが愛おしく、喉を通る時、躯がぴくぴくと震えた。

 随喜の縄にしごかれ続けた秘唇は熱く熱く熟し、何も触れていないのに、蜜を滴らせてひくついた。 躯中が内側から炎で炙られている様に熱く、狂ったように肌と言う肌が熾っていた。 疼きは堪え切れない程に昴り、肉を溶かして、躯から立ち昇っている。 

 三宅は咲織の顔の上にどかりと尻を下ろした。 三宅の尻肉が押し付けられ、咲織の口は開いたまま閉じる事も出来ない。 それでも咲織は三宅の菊門に舌を差し伸べ、擽る様に嘗めていく。 咲織の下の動きにつれて、頬を圧する三宅の尻肉がひくつく。

『ご主人様が感じてる。 私の舌でご主人様が喜んでくれてる。』

 咲織は夢中になって、三宅を嘗めた。 息苦しささえ忘れて。 
 
 やがて、胸に詰まった想いと共に息が出来ない苦しみが全身に行き渡っていく。 咲織の躯が空気を求めてぴくんぴくんと脈打つ。 
 
『ご主人様。 苦しいです。 でも、幸せ。 咲織はご主人様のお尻に踏み付けられています。 もっと、もっとご主人様を感じさせてください。 苦しい。 もっと。』

「おまえは窒息するのが嬉しいのか。 ほら、これで息が出来るだろう。」
 三宅が咲織の顔を擦りながら、尻を下へとずらした。 咲織のつんと高い鼻の先が辛うじてベッドのヘッドレストと三宅の尻の間に空気を見つけ、息を繋ぐ。 麻縄に締め上げられたたわわな乳房が大きく上下する。 凧糸に絞られた乳首が真っ赤なルビーの様に輝いていた。
  
「まだ死なれては困るからな。 息苦しさの代わりにこれをやろう。」
 咲織の両の胸で光る乳首の根元を縛り上げている凧糸を掴んだ。 まるで魚を釣る様にちょんちょんと手首だけで凧糸をしゃくりあげる。 麻縄に苛まれた咲織の乳房が凧糸に吊られてぎゅんと伸びる。

 鋭くそして重い痛みが脊髄を引き攣らせ、咲織の躯を走った。 咲織の躯が釣り上げられた魚の様に跳ねる。 ほっそりと伸びた脚が緊張し、ぶるぶると震えた。 

「気持ち良さそうだな。 乳首を釣られるのが好きか。」
 咲織は三宅の尻に敷かれながら、頷いていた。

☆ ↓毎日きっと咲織に入れてね。

 
関連記事

PageTop