FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1333=いかせて。

『そ、そんな。 鞭打っては頂けないのですか。 その腕に抱いては貰えないのですか。 この縄は、辛すぎます。 渡れなかったら、どうしよう。 ご主人様のご命令なのに、聞けなかったら・・・。』

 咲織は貌を曇らせ、縋る様に三宅を見た。 

「ほら、まずここまで来い。」
 三宅は咲織の頭をぽんと叩くと、随喜の縄の端、柱の処に立って手招きをする。 
「返事は?」
 三宅は随喜の縄を跨いで腰を落とし、厳しい声を放った。  

『行ける所まで。 この躯が動かなくなるまで。 行かなくては。 ご主人様の処へ。』

「わん。」
 咲織は自分の躯に言い聞かせるように一声啼いた。 既に痛い程疲労している腕を前へ前へと繰り出す。 ぴんと張られた随喜の縄が動く度に秘唇に喰い込み、花びらの粘膜を擦り上げる。 ずーんとした感悩が脚の付け根から躯の中を突き抜けていく。 それは快感と言うより、腰が抜ける程の重い痺れる苦しみだった。

『ご主人様。 ご主人様が微笑んで。』

 三宅の羽織ったバスロープの白さが眩しかった。 その輝きに向かって咲織は折り畳まれた腕を脚を動かす。 一歩ごとに床に着いた肘が、膝が痛みを発した。 随喜の縄が花びらを割り、薄い桃色のベールを通して小さくしこった秘蕾を圧し刺激してくる。 勝手に括約筋が収縮した。 裡腿がぴくぴくと痙攣していた。 

 躯の中に粘膜を通して、随喜の婬らな成分が滲み込んで来る気がした。 それは時間が経つにつれ、既に幾度も感悩に震えた肉の隅々にまで行きわたり、咲織を狂わす。 

『ご主人様。 ご主人様。 どうか、どうか、咲織を抱いて。 感じさせて。 いかせて。』

 婬らな衝動が小さな躯を突き動かした。 躯に感じる痛みに耐え、掻き毟りたい程の疼きに押され、咲織は前へと、三宅の元へと躯を動かす。 必死に手脚を動かす咲織の秘唇を随喜の瘤が荒々しく襲う。

 花びらの粘膜を巻き付け、引き剥がし、硬くしこった秘蕾をベールの上から擦り上げる。 体の動きに上下に揺れる尻尾が菊華を引き裂き、痛みと共に鋭い刺激を与えてくる。 

「あぁぁぁぁぁぁ。」
 全ての感覚が躯を襲い、咲織は啼いた。 命じても命じても躯は動かなかった。 瞳の中の三宅の姿が霞んでいく。

☆ ↓毎日きっと咲織に入れてね。

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。