FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1329=吸われて。

『ご主人様。 あぁぁ、行ってしまわれた。 きっと、きっと、咲織に呆れ果てて。 もう、もう二度とその腕に・・・。』

「三宅さんにこの乱れようを見て貰えてよかったですね。 咲織さんも、ご主人様に見て頂けないのでは、せっかく好きでも無い男に身を任せた甲斐が無いでしょう。」
 勝山の掌が、乳房から腰へと滑っていく。 咲織の華奢な躯を抱え上げては、勝山の物に突き刺す様に落とす。 ぱんと張った肉傘が花鞘の粘膜を擦り上げ、子宮まで突き上げる。 擦られる粘膜のすぐ裏では菊華を貫くバイブが激しくその身を震わせていた。

「あはぁぁぁん。 はん、はん、はぁぁぁん。」
 躯を襲う圧倒的な刺激に咲織は啼くしかなかった。 本能的に手脚を伸ばそうとしては、手首と腕の付け根を足首と腿を縛めているテープに肉を喰い込ませた。 その痛みさえ感じない程に秘唇を襲う刺激は圧倒的だった。 柔らかな桃色の唇は途切れることなく噴き出す啼き声に濡れ、艶々と光った。 大きな瞳は涙を湛えて潤んだ。 その瞳に涙に歪んだライトに照らされたジャグジーが映る。 三宅の引き締まった体に麗子の女らしい曲線が重なった。 その美しいシルエットから瞳を外す事が咲織には出来なかった。

『ご主人様、ご主人様には麗子さんが、あんなに似合って。 咲織は、咲織は、必要なんか無いのですか。 必要なんか、無いのですね。 咲織を見て、ご主人様が嗤っている。 このさもしい姿に呆れて・・・。 もう、もう、お終いなのですか。』

「いやぁぁぁぁ。 だめぇぇぇぇ、もう、もう。 あぁぁぁぁ。」
 啼き声は悲痛なものに変わっていった。 艶が薄れ、悲鳴に近くなる。 長く長く感悩に曝された躯は限界を迎えつつあった。 それなのに届くかと思えた頂きはまた遠くなり、感じても感じても達する事が出来なかった。 躯は焦れ、疼き、餓えた。 感じる程に逝けないと言う事が、苦しみとなって折り重なる。 しかも、躯は感悩に染まり、苦しい程に感じていても、心は引き裂かれる痛みに血を流していた。 

「いい。 いいです。 駄目だ。 もう。」
 勝山の腰の上で咲織の華奢な躯は激しく踊らされた。 ずんずんと勝山の硬い物が咲織の中に打ち込まれる。 それはまるで柔らかな地面に打ち込まれる太い杭の様に、一突きで咲織の奥深くまで達し、そして次の瞬間にはぐいと引き抜かれた。 突かれる度に硬く熱い鉄の鞭で打たれた様な衝撃に頭の先まで痺れた。 引き抜かれる度に魂を抜かれる様な震えに襲われた。 

「あぁぁ。 うぉぉぉっ。」
 躯が砕ける程の強い力で抱き竦められた。 勝山の節くれ立った指が咲織の柔肌に喰い込む。 勝山の硬い物が子宮まで突き刺さり、咲織の粘膜をぶるぶると震わす。 熱いものがどくどくと撃ち込まれるのを咲織は感じていた。 そして、自分がこれ以上穢れ様も無く穢れ果てた事に胸の奥が崩れていくのをまるで他人の様に見詰めていた。 

☆ ↓毎日きっと咲織に入れてね。

 
関連記事

PageTop