FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1327=潰されて。

 勝山に握り締められた乳球はぐにゅぐにゅと歪み、粉々に千切れる痛みと怖れを見せて捩れる。

「あぁぁぁ、だめぇぇぇぇぇ。 あぁん、あん、はぁぁぁん。」
 勝山は掴んだ乳房を大きく揺さぶった。 咲織の華奢な躯が勝山の硬直を深々と飲み込まされた秘唇を中心にして、右に左に捩子曲げられる。 躯が回転する度に、勝山の硬直に絡み付いた粘膜の襞は引き剥がされ、捩れ、掻き混ぜられた。 感悩の刺激がぐるぐると螺旋を描いて咲織の躯を穿ち、脊髄を響かせて駆け昇ってくる。 苦しみともつかぬ感悩のドリルに、手脚の自由を奪われた咲織は啼くしかなかった。

「いいですか。 いいんですね。 感じなさい。 もっと、もっと。 何もかも忘れて啼きなさい。 でも、逝かせはしない。 私が果てるまでは。 いや、例え果てても。」
 勝山は咲織の躯を左右に揺さぶり続けた。 柔らかで熱い無数の粘膜の襞が細やかな粒々が勝山の硬直に絡み、吸い付き、撫で上げる。 勝山は息を荒げ、細い眼を見開いて、天を睨んだ。 

「啼け。 啼きなさい。」
 咲織の躯を思うままに回転させながら、胡坐を掻いた足を大きく上下させて、腰を突き上げる。 突き上げられる度に、そして、どすんと落とされる度に、秘唇を割り裂く勝山の物が深く深く突き刺さる。 硬直は咲織の子宮を突き破らんばかりに激しく突き続けた。 

「あぁぁぁぁぁぁぁぁ。」
 それは、歓びよりも苦悶にのたうつ啼き声だった。 度を超えた刺激に曝された躯は歓びを感じる余裕も無く、肉の砕ける苦しみに悲鳴を上げるしかなかった。 

 咲織は感じ続けさせられていた。 躯中が感悩に染まり、疼き、のたうった。 歓びの果てを求めて、躯が暴走していた。 感じ過ぎ、疲れ果てた躯は、歓びの光に満ちた頂きを求めて全ての細胞が励起していた。 

 砂漠の放浪の果てに、渇きに渇いた眼前に現れた満々とたゆたう水の蜃気楼が手を伸ばせば届く程に見える。 近付けども近付けども、その望みを嘲笑いながら遠ざかるその蜃気楼の様に、感悩の頂きはあと一歩で更なる高みへと逃げていく。 疼きは癒される事無く、昴まり、身を砕きそうだった。

 感じても、感じてもそこに歓びは無い。 却って、躯は満たされぬ疼きに苛まされ、心は哀しみの泥を飲み込んで重くなる。 無間地獄のただなかで、咲織は出口を求めて彷徨った。 啼き声だけが救いの様にただただ啼き続ける。

「愉しませて貰っている様だな。 凄い啼きようだ。 麗子さんも呆れるでしょう。」
 懐かしい声が咲織の耳を奪った。 確かにそれは求めてやまない三宅の声だった。 感悩の奔流に玩ばれ、啼き声を上げ続けながらも、咲織は声のする方に瞳を向けた。 その大きな瞳が更に見開かれる。

☆ ↓毎日きっと咲織に入れてね。

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。