FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1325=突かれて。

「いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。」
 咲織の悲鳴にも似た高啼きが分厚い木の壁に木霊する。 小さな桃色の花びらを散らしながら、黒光りした勝山の肉傘が咲織の中にづかづかと入り込んでくる。 まだ生き残っていた咲織の本能は怖れ、勝山の硬直を拒む様に粘膜の筒を強く締め付けた。 

「きついですね。 息をすぅっと抜いて、躯を柔らかくして。 でないと、花びらが裂けますよ。 幾ら、拒もうとしても、自分の重さで私の物に貫かれるんですから。 それも面白いですがね。」
 勝山は咲織の躯を支える力を徐々に抜いていく。 その言葉通りに幾ら咲織の躯が拒んでも、咲織の躯はその中心を勝山の硬直に貫かれるしかなかった。 ぐっと開いた肉傘が花びらの縁が透き通る程に押し開く。 

「あっ。」
 引き裂かれ、花びらを破られる痛みに声も出なかった。 華奢な躯は怖れに強張り、ぶるぶると痙攣した。 只でさえ細っこい腰はきゅっと締まって今にも折れそうにがくがくと揺れる。 

「あぁぁぁぁぁぁぁぁ。」
 大切な秘唇が切れるかと思う寸前、勝山の肉傘は咲織の花びらの縁を過ぎ、奥へと貫いていった。 痛みの潮が引いていくのと入れ替わりに、どーんと重い感悩が脳天まで突き上げる。 咲織は魂切れる啼き声を迸らせた。 華奢な躯の中の全ての肉が捩れ、ぴくぴくと戦慄いた。 

『あぁ、この人の物が私の中に。 深々と入っているのが判る。 完全に支配されてしまっているのが。 拒む事など出来なかった。 哀しいのに。 悔しいのに。 この躯は震えている。 歓んでいる。 もっと、もっと欲しいと。 一体、何処まで咲織は。 なんてやらしい、なんて哀しい。 ご主人様。 ご主人様、どうか、どうか、許して。』

 言い知れぬ敗北感が躯の底に落ちていく。 肉はその哀しみさえも燃料にして打ち震え、燃え上がる。 前にも増して疼きは全身に拡がり、苦しい程に胸に迫った。 

「おぉ。 締め付けてくる。 ぐにぐにと私の物に無数の粘膜が紐となって、粒となって絡みついてくる。 根元から全てを絞り取る様に螺旋を描いて。 いいですよ。 いいですよ。 動きたいが、動かないで、この素晴らしい感触を味わっていたい。 何時までも口の中に入れていたい思わせる味が最高の味だと言うが、まさにその通りだ。」
 勝山は自分を盛り立てる様に、思いを口にした。 咲織の乳房を掴んだ掌が、その柔らかに弾む肉をぐにゃぐにゃともみ苦茶にする。 つんと尖った乳首を節くれ立った指の間に捉え、潰す様に挟み、転がす。 咲織は何をされているのかも判らなくなっていた。 胸から、花びらから、菊華から、躯中からあらゆる刺激がわっと中心に打ち寄せてきた。

☆ ↓毎日きっと咲織に入れてね。

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。