FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1297=ぬっちょりと。

 勝山は大きく息をした。 頭を一つ振って、冷静になれと自分に言い聞かせる。 咲織の花びらから引き剥がす様に指を離すと、ぴしゃりと尻たぼを叩いた。 ぶるんと丸い肉が硬く揺れる。 

「はぅん。」
 痛みの悲鳴ではなかった。 ずっと甘やかに媚びた啼き声が喉を突いていた。 

『鞭で打たれた痕がびりんと痺れる。 痛いのに、嫌な筈なのに。 違う電気が躯を走ってしまった。 疼いている。 痒いみたいに。 無茶苦茶にしたい。 無茶苦茶にされたい。 ついに、そんなにも私は・・・。 嫌ぁぁぁ。』

「あ゛ぁぁぁ。」
 心の叫びが喉から迸った。 いや、叫んだ積りだった。 それが、大きく開かされた口では、単に呻き声にしかならなかった。 咲織は叫ぶことも出来ない事に改めて愕然とした。 哀しみがまた一つ、深く胸の底に降りていった。 

『何も出来ない。 逃げる事も、隠す事も、叫ぶ事すら。 ただ、ただ感じるだけ。 与えられた痛みを、苦しみを、そして、感悩を。 好きに、好きにされるだけ。 この人の好きに、玩具に。 こんな躯。 こんな咲織なんて。 壊れてしまえば・・。』

 閉じる事さえ許されない大きな瞳から涙が溢れた。 次から次へと涙は頬を伝い、唇の端から滴り続ける唾と一つになって、床を濡らす。 鏡に映ったその姿が一層咲織の胸を焦がした。 

「みっつ目。 後、幾つ入るでしょうね。 意外と全部入っちゃうんじゃないですか。 女性のここは神秘ですからね。 ましてや、あなたは奴隷になるために生まれてきた様な女性だ。 きつすぎるくらいに締まりがいいと言う事は、伸びる余地もあると言う事ですから。」
 勝山の指に摘ままれた卵がまた一つ咲織の秘花を割って躯の中に入っていく。 ずるりとした感触が花びらからその奥の鞘へと移ろう。 哀しみと諦めに塞がる胸すら貫き、感悩の波が全身に打ち寄せる。 ほっそりと伸びた腿の肉がぷるぷると震えた。 華奢な背で浮き出た肩甲骨がひくひくと戦慄いた。 

「ぐはぁぁぁぁ。」
 抑えきれない感悩にと言うより、躯の反応を止められない自分に、咲織はまた啼いた。
その声に、悲痛に歪む美貌に、勝山の顔が北叟笑む。 咲織の花びらを掻き別け、更にもう一個、毒々しいピンクの卵を潜り込ませた。 ぬちょりと婬蜜が押し出され、秘唇を濡らし、真っ白な腿を伝っていく。 
「んまい。」
 勝山は滑らかな柔肌を伝う婬蜜をぺろりと嘗め、細い眼を更に細めた。

☆ ↓大ピンチです、愛のクリックで助けて

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。