FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その1293=開口器?

 咲織の胸を針の先で引っ掻きながら、じりじりと時は動かなかった。 部屋の中央からが聞こえてくる勝山が何かをしている音が、咲織の肌をざわざわと荒れた掌で弄る。 鼓動は乱れ、肌は燃え、じんじんと躯の奥が脈打つ。 

 眼の前の鏡に映った自分の姿から瞳を逸らす術は奪われていた。 その自分とも思えない犬と化した女性は全ての柔肌を晒し、男性を悦ばせるための全ての器官を剥き出しにして、男性に欲しいままにされる時を今か今かと待っている様だった。 その自分の姿が咲織の胸を傷つけ、同時に血を湧き立たせる。 

『なんて姿。 なんて惨めで、なんて浅ましい。 そして、何処までも婬ら。 これが、私? そう、これが咲織。 咲織の本当の姿。 自分では欲しいと言えず、それなのに、婬らに翻弄される事を待っている女。 苦しい。 苦しいです。 ご主人様。 もう、待てない。 気が変になりそう。 この婬らな躯に飲まれてしまいそうです。』

 咲織があらゆる感情に責め苛まれ、千々に心を乱し、ついには堪え切れなくなって、例え苦痛と屈辱に塗れようと勝山の責めを只管乞い願い始めるのを、勝山は待っていた。 
 
 咲織の華奢な背中で細っこい肩甲骨が心のままにのたうち、紅い蚯蚓腫れを刻まれた丸い尻たぼから伸びた尻尾がぴくぴくと震えだすのを、勝山は眼を細めて見ていた。 

 勝山がフローリングを一歩一歩ゆっくりと力強く近づいてくる音が、咲織の耳を叩いた。
 その音の高まりに咲織の胸の高鳴りが共鳴する。 そして、勝山の声が耳を震わせた時、咲織の鼓動は振り切れ、止まったかと思えた。

「待ちかねた様ですね。 すぐにも責めてくれと言わんばかりの顔をしてますよ。 その前に、このポーズを完成させてあげましょう。 命令などせずとも、この姿を見たものなら誰でも自由にあなたを使え、望むままに愉悦を引き出せる様に。」
 勝山は透明な極く短い管状の物を、咲織の瞳の前に翳した。 よく見ると、管の先が外に向かって一センチ程捲れ、その左右から革紐が垂れている。

「判りませんか。 まだ三宅さんにも使われた事が無いのですね。 簡単に言えばギャクです。 開口器。 シリコンで出来ているので、ほら、太い物を入れれば拡がりますが、狭まる事はない。 これをあなたの口に取り付けてあげます。 さ、最後の命令です。 この後は私はあなたに命令などせず、承諾など取り付けなくても、あなたの躯で好きに遊べばいいのですから。 口を大きく開いてください。」
 勝山は咲織の小さな頭を片手でがっしりと掴み、手にした筒を口に宛がった。 一瞬、ほんの一瞬だけ、咲織は唇を硬く閉ざした。 が、すぐに全てを諦めた哀しい光を瞳に宿し、ふっくらとした唇を精一杯に開く。 勝山はよしよしと咲織の頭を撫で、その開口器を咲織の口の中に押し入れた。
 
☆ ↓大ピンチです、愛のクリックで助けて

  
関連記事

PageTop