FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その1269=奴隷の道。

『あぁ、ついに。 堪えられなかった。 絶対に、絶対に、例え気を失っても、耐えなきゃいけなかったのに。 あぁ、止まらない。 出続ける。 恥ずかしい。 人前で、口を侵されながら・・・。 こんな、こんな恥しいことが・・・。 これ以上に恥ずかしい事が? もう、もう終わり。 もう、咲織は性の奴隷以外の何者でもない。』

 苦しみの一つが奔流となって咲織の菊華から噴出し、芝を汚し続けた。 その音に心臓が悲鳴を上げる。 それでいながら、苦しみから解放された咲織の肉躯は愉悦に震え、愉悦を湧き上がらせてくる。 

「いい。 出る。 飲め、飲みなさい。」
 勝山は咲織の頭をがっしりと腰に押し付ける。 喉を熱い硬直に突き破られる苦しみに咲織の躯は飲み込まれた。 胸が破裂しそうな本能的な怖れに意識が暗くなる。 紅く腫れた丸い尻たぼの間からはまだ汚水が漏れ続けていた。

 勝山は咲織の頭を抱えたまま、腰をがくんがくんと瘧らせた。 咲織の喉を粘り付く精が打ち抜く。 窒息しかけた躯が空気を求めて藻掻く。 勝山の腰に回した細い腕がぷるぷると揺れる。 それでも勝山は余韻を愉しみ、咲織の喉を侵し続ける。

「ぐはっ。 うぐぅぅぅ。 ごほっ、ごわっ。」
 勝山が奮い立つ硬直を咲織の口から引き抜き、頭を抱え込んでいた掌を離した。 咲織は前のめりに芝に掌を突く。 空気を求めて溺れた者の様に唇を上向けて喘ぐ。 喉に放たれた精が絡む。 幾度も断末魔の結核患者の様に身悶えて咳き込んだ。 

「最高でしたよ、あなたの口は。 特に便意に耐えて、躯を震わせている時の喉の気持ち良さは無かった。 あなたはどうでした? 汚物をばら撒きながら、喉に男の精を放たれた気分は。 全ての精を飲み込もうと私の物を絞る様な動きをしてましたが、喉で逝ったんじゃないですか。 気持ち良かったでしょう。 これで次からは三宅さんの物も口先だけでなく喉の奥まで全て受け入れられますね。 感謝してください。」
 勝山はまだ喉と胸の焼ける様な苦しみに喘ぎ続けている咲織の顎を掴み、その顔を意地悪く覗きこんだ。 咲織は恥らって瞳を逸らせる。

「どうしました? 礼の一つも言えないのですか。 一つの調教が終わったら、それで奴隷としての心構え、ご主人様を悦ばせる技を教えて貰ったら、心からの礼を言うのが奴隷の道でしょう。 一体全体、三宅さんはどう言う教育をされて来たんですか。」
 勝山の三宅を貶す言葉に、咲織の胸が痛んだ。 思わず、大きな瞳を強く開き、勝山に向き合った。 何か言おうとしたが、喉の痛みに咽んだだけだった。 

「それにしても、臭い、臭い。 どんなに可憐でも出す物は同じですね。 ほら、自分が放出した汚物を見なさい。 これが、あなたの本質だ。」
 勝山は嫌がる咲織の頭を掴んで、汚れた芝に向けた。 

☆ ↓大ピンチです、愛のクリックで助けて

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。