FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ 美沙の凄春その134=紅い花びら。

 美沙は女の最も敏感で、優しい愛撫を受けるべき秘唇を痛打されて絶叫した。 肉の張り詰めた脚が痙攣し、躯を大きくくねらせ、床に倒れ込む。 火の着いたような荒い息を吹きながら床の上を転げ回った。 転げ回りながらも、美沙はなおも一樹の打擲を望んでいる事に気がついた。 

「もっと打って、もっと壊して。」
 喉をぜいぜいと喘がせながらも、美沙は心から懇願していた。 一樹が打ちやすいようにと傷ついた躯をベッドに持ち上げる。 美沙は紅い花弁が見える程に脚を開いた。
「そこを。」
 そう聞く一樹の声は震えていた。
「はい。 壊れるまで。」
 美沙は決然と言った。

 一樹は奮える手を振り上げた。 鞭がひゅっと空気を切り裂き、柔らかな柔らかな肉に炸裂する。 
「あぎゃぁぁぁぁぁぁぁ。」
 紅い悲鳴が部屋を奮わせる。 細い躯がベッドの上で跳ね上がる。 白い痴丘が鮮紅色に染まった。 その下の紅い花弁からつぅーっと紅い血が滴る。 

「もっと。」
 息が荒いまま、美沙は呻く様に言った。 一樹が頭を左右に振った。 一樹の掌から鞭がぽたりと床に落ちた。 
「欲しい。 無理かな、傷つけてしまった。」
 一樹が呟いた。
「抱いて。」
 こくりと頷く美沙の顔に限りなく優しい微笑みが拡がった。 美沙はベッドに横たわった。 一樹は美沙の顔に張り付いた髪を払い、まだ小さく悲鳴をあげている唇を口で覆った。 熱い美沙の息が一樹の肺になだれ込んでくる。 美沙は縛られた腕を一樹を求めてくねらせる。

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 

PageTop

☆ 美沙の凄春その135=青い精。

一樹の燃えている屹立が美沙の中に突き入れられる。 意外にもそこは潤い、熱く滾っていた。 

「あぁぁぁぁ。」
 美沙の口から先程の悲鳴とは違う、甘えの入った嬌声が漏れる。 一樹は美沙の細い躯を強く抱き締め、撓わな乳房に顔を埋めた。 美沙の躯は何処までも一樹が埋まるかと思うほどに柔らかく、そして熱かった。 

「いっ、いぃぃぃーーーーー。」
 美沙は啼き続け、喘ぎ続けた。 二人は汗にまみれ、体液を交換し合い、それでも足りずに肉まで混ざり合うことを願って、躯をぶつけ合った。 何時しか一樹からも歓喜の声が漏れ聞こえた。 その声に美沙の躯にこれまで感じたことのなかった暖かな歓びが溢れた。 心が痛い程に震え、自分を抱き、自分の中に入ってきている者への愛しさとありがたさが細胞という細胞に染みこんでいく様だった。 やがて、その思いも躯中で炸裂する真っ白な閃光に掻き消されていった。 
 
「いくぅぅぅぅぅぅ。 だ、だめぇぇぇぇぇぇぇぇ。」
 美沙は一際高く啼き、叫んだ。 一樹の体を飛ばすほどに上体を反らす。 一樹を抱く両脚があらん限り力で締め付ける。 一樹を飲み込んだ肉襞は灼熱の血が止まるほどに喰い締めた。 襞の一つ一つが命を宿し、一樹の精を絞り取ろうと蠕動する。
 
 美沙が歓喜を極めたことを確認すると、一樹は美沙の躯奥深くに青い精を放った。 体を貫く悦びに、頭の芯が白く痺れた。   

 美沙の躯から力がすぅと抜けていく。 顔から紅みが引いていき、優美な頬の曲線を見せて、頭ががっくりと落ちた。 一樹を締め付けていた脚が弛緩し、すとんと落ちる。

『幸せ。 躯中が歓喜に震え続けている。 躯が動かない。 まるで、幸せの重みにのし掛かられているみたい。』 
 美沙は一樹がバスルームに消えるのを充足の中で見送った。
 

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 

PageTop

☆ 美沙の凄春その136=最終話=あたながくれた命。

 一樹はバスローブを纏って美沙の横たわるベッドの端に腰掛け、煙草に火を付けた。 片手で愛おしそうに美沙の肌を撫でる。 美沙は一樹の方に躯を横向け、その腰に顔を埋めた。 バスローブを透かして一樹の体温が頬に伝わってくる。 胸が暖かな潤いに溺れそうだった。  
 一樹は躯を捻り、美沙の背中を尻朶を見つめた。 裸の美沙の背に幾筋もの紅い線が痛々しく走っていた。 その下の丸い尻は紅く熟し、手を触れれば潰れてしまいそうに弱々しかった。
「痛かったでしょ。 苦しかったでしょ。」
 一樹は美沙の髪を撫でながら語りかけてきた。 
「いいえ。 嬉しかった。 本当にもっと壊して欲しかった。」

「もっと? こんな血まで流れているのに。」
「だって、嬉しいんですから。 一樹さんが感情をぶつけてくれるのが。 他の人じゃなく、この私に。 こんな汚い女に。 打たれる度に汚れが落ちていく気がした。」 

「そんな。 貴女は清楚で綺麗です。 あんなに乱れた後の今でも。 こんなに傷ついていても。」
「ごめんなさい。 こんな事を無垢だった一樹さんにさせてしまって。」  
 胸に溢れる想いに美沙は両手を一樹の腰に回し、顔を臀部に押し付けた。 

「可愛い人だ。」
 痛々しい筈の傷に彩られた美沙の躯は輝かしいほどに美しかった。 一樹は煙草を消すと美沙の隣に横になり、その背の傷に口を付けた。  ぴくりと美沙が身を反らせる。 一樹は美沙の背に付けた傷を、尻に付けた傷を全て慈しむ様に舐めていった。 美沙は傷口から染みこんでくる歓びに心を震わせた。 

『この人は、一樹さんは私の全てを判ってくれた。 悲しみも喜びも全て。 そして、全てを全力で受け止めてくれた。 そして私の心に私の躯に真っ直ぐで清らかな精を注いでくれた。 一生、私はこの時を、この思い出を胸に生きていける。 一樹さん、あなたが分けてくれた大切な命、きっときっと、大切にします。』
  
 美沙の瞳から止めどなく涙が溢れた。 それは今まで流した涙と違い、透明で流す度に心が清められていく様だった。

 暗くなった窓辺に、一樹のシルエットがキラキラと輝いているのを美沙は飽きず見ていた。 

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。