FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2490=見られて。

「本当に。 こんなに見えてしまうものなんですね。 ガラス器の屈折であそこがこんなに大きく、はっきりと見えるなんて。 それにしても、咲織さんのは、私と違ってなんて愛らしくて、なんて慎ましやかなんでしょう。 とても、汚い物を出す処だと思えません。」
 麗子は三宅に声を掛けられた意味を承知していた。 咲織の羞恥を煽る様に態と聞えよがしの声で婬らに言い立てた。

「見てみなさい、あの閉じた秘唇を。 肉厚の秘唇の合わせ目からねっとりと糖蜜の様な蜜を染み出させている。 そのせいでまるでリップクリーム塗りたくった唇さながらに婬らだ。 疼きに疼いて、男の太く長い物で貫かれるのを今か今かと待っているんですよ。」
 三宅は麗子の丸い肩をぐいと抱き、咲織を見上げる麗子の耳元に婬らな言葉を吹き込んだ。 麗子は三宅の腕の中でその熱を持った肉をもじもじとさせる。 麗子の肩を抱く三宅の左手がすっと下がった。 躯の線にぴつたりと沿ったワンピースを突き破らんばかりに迫り出した麗子の胸を絹地の上から揉み始めた。 麗子の躯はそれをたおやかに受け入れ、三宅の手がより動き易い様にと傾く。

『ご主人様の手があんなに優しく、そしてやらしく麗子さんの胸の上で動くのがはっきりと見える。 と言う事は、私の全てが、恥ずかしい処も全てご主人様から見えていると言う事なんですね。 あぁ、恥ずかしい。 でも、ご主人様に見ていて貰えるのが嬉しい。 恥ずかしくて、息が止まりそうなのに、嬉しさが込み上げる。 躯が熱くなる。 燃えてる。 あそこが、疼く。 あぁ、漏れそう。 どうしよう。 でも、それが、私が麗子さんの前で恥ずかしい姿をお見せして、羞恥に悶える姿をご覧なるのが、そんな私を嘲って楽しまれるのが、ご主人様のお望みなら、堪えるよりも、お見せするのが奴麗の勤めですね。 とことん、堕ちます。 咲織はご主人様に楽しんでいただくためだけに存在する奴麗なんだから。 ご主人様に楽しんでいただくためなら、どんな人非人なことも、どんなに恥ずかしいことも、どんなに辛いことでも、悦びに変えてしまう変態のマゾ奴麗なんだから。』

 三宅が見上げる顔を咲織は見られなかった。 視線を間近になった天井に移しても、脳裏にはっきりと三宅の顔が浮かぶ。 その顔が厳しい中にも微笑んで見えた。 咲織の胸を熱いものが潤していく。 同時に躯が溶けていった。 

「しゃ~、しゃ~。」
 ガラス器に小水が当たる音が大きく咲織の胸を叩いた。 現実の痛みを胸に感じ、咲織は両手で檻の鉄柱を掴む。 涙が頬を濡らしていた。 その涙の存在さえ知らず、咲織は胸を刃に切られる痛みを感じながら小水を後から後から溢れ出させた。

「見てみろ。 まだしている。 咲織には羞恥心など亡くなった様だ。」
 三宅の嗤い声が咲織の耳朶に刺さった。 

  ☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

 

PageTop

☆ その2491=止まらぬ羞恥。

『羞恥心はあります。 普通の女性よりもずっとずっと強く。 ただ、ただご主人様の事が好きで、好きで、好き過ぎて、ご主人様のご命令に逆らえないだけです。 ご命令に反してご主人様に嫌われたくないだけです。 それは、それだけはずっと、ずっと、初めての夜から変わってはいません。 本当です。 どうか、どうか、分かってください。 人前でお小水を出してしまう程、破廉恥な真似をするようになっても、咲織は変わらないと。 例え、ご主人様の鞭で逝くようになっても、婬らさで羞恥心さえ無くした訳ではないと。』    

 耳朶に刺さった三宅の嘲笑は咲織の胸に達し、どんな鞭よりも苦しめた。 何時まで経っても叶わぬ思いに、咲織は身を捩る。 その心の痛みにその躯をのた打ち回らせる事さえ檻と手枷足枷に殆ど許されぬ身で声も上げずに鳴いた。

「咲織の奴、あの躯の中にあんなに汚い水を溜めていたのか。 大き目のガラス鉢が今にも溢れそうだ。 檻を揺らして畳を汚されては堪らない。 麗子さん、ガラス鉢を取り出して、洗ってきてくれませんか。」
「あっ。」
 ぼうと我を無くしたように虚空を見つめる咲織の瞳と、三宅に言われ麗子がすっくと立ち上がった麗子の眼が同じ高さで一瞬絡んだ。 咲織は逃げる様に俯く。 麗子は視線を逸らしはしなかった。 包む様に咲織を見つめたまま、顔色一つ変えずに宙に浮かした咲織の秘部の下から、今にも零れそうなほどに薄黄色い小水が溜まったガラスの器を捧げ持った。   

「麗子さんはそれを飲めますか。」
「はい、もちろんです。」
 扉に向かって踵を返しかけた麗子は優美に腰を捻ったまま立ち止まった。 優しく静かな表情のまま、首を傾け、ガラス器に口を持っていく。  

「飲まなくていい。 だが、教えてください。 飲まされると、心が痛いですか? それとも、躯が熱くなる?」
「取れたての咲織さんの聖水なら、心は殆ど動きません。 痛くも無いですし、哀しくもないです。 ただ、ご主人様にご命令された事で躯は少し熱くなります。」
 麗子は静かに言うと、少し頬を熱くした。

「俺のだったら?」
「じんと胸が震えます。 躯はかっと熱くなると思います。」
「知らない男のだったら?」
「哀しみに胸が痛みます。 きっと涙を流します。 でも、躯は疼くと思います。 それが、主様に変態肉便器に仕立てられた私の定めです。」 
 麗子の紅い唇が艶めいた様に見えた。

  ☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。
 大ピンチです。お助けください。 

 

PageTop

☆ 苦渋。

☆ いつも咲織と一樹の物語を読みに来ていただき、嬉しくて仕方ありません。

   何とか一日も早く連載を再開したいと思っていましたが、転勤・移住のドタバタで伸び伸びになってしまいました。

   四月はみんなが引っ越すためにNTTコムも忙しくネット環境が整わずにイライラとしていましたが、 

   何とか、週末には工事が出来、ようやくアップロードできる見込みです。

   と言う訳で、月曜からはこれまで通り、毎日アップしていきますので、お見捨てにならず、 

   是非とも完結までお付き合いくださいますようお願いいたします。  


  ☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

 

PageTop

☆ その2492=尻を突き出して。

「哀しい性だな。 それだけに愛おしい。」
 三宅は立ち上がり、咲織の今にも泣き出しそうな幼顔を正面に見つめながらぽつりと言った。 
「愛おしいですか? 他人の小水を平気で飲む様な女が。 幾ら命令されて、泣く泣くとは言え。 そんな非常識で恥知らずで惨めな事をしながら、催してしまう様な変態肉便器を愛おしいと思って頂けるのですか。」
 麗子は不思議な物を見る様な、それでいて哀しい愛が零れ落ちる視線を三宅に向けた。 何時になく素の少女の様な貌だった。 丸い女の肩が凍えていた。

「愛おしい。 マゾは愛おしいよ。 本来は身も心も痛みに人一倍敏感で、羞恥心が強く、世間に背を向ける様な勇気など全く持たない、普通に普通の男と恋をして、家庭に入っていれば日々の小さな幸せを見つけては笑顔を見せて一生伴侶に愛されるべき女だ。 それが変態の男に出会ったばかりに、生来の堅く生真面目な性質が逆に出て、虜となり、男を歓ばせるためにのみ生きる女になる。 本来の居場所では無い地獄でしか咲かない花となる。 こんな女が愛おしくない筈がないだろう。」
「優しい方です。 ご主人様は。 だから、どんなに惨い事をされてもその中に幸せを見つけてしまいます。 離れられなくなります。 確かにこんな私でも、主様に見いだされるまでは温泉の女風呂にも入れない程に恥ずかしがり屋でした。 でも、地獄でしか咲かない種を持っていたんです。 きっと、咲かせて貰えて幸せなんです。 平凡な生活でいるよりもずっと。」
「だといいが。」
 三宅の言葉を後ろに聞いて、麗子はそそと部屋を出ていった。

「ほら、喰え。」
 三宅は再び咲織の股間の前に寿司皿を置くと檻の端に括り付けられた両腕を自由にした。 
「はい、ありがとうございます。」
 たった今、三宅達の眼の前でした粗相を忘れようと、咲織は精一杯に声を出す。 確かに空腹を覚えていた。 咲織はすっと寿司に手を伸ばした。

「ひっ。」
 寿司を摘まんだ手にびりっと電気が走った。 寿司が落ちた。
「手で寿司を喰うのは人間様だ。 檻の中に人間様がいるか。」
 いつの間にか手にしていた電気鞭をぽんぽんと玩びながら、三宅は厳しい声で言った。

「あっ、はい。」
 手の痛みより、立場を忘れて三宅を怒らせた事が痛かった。 咲織は沸騰した血に裸身に朱を浮かばせて両手を皿の横に着いた。 背を折り曲げて、頭を落としていく。 が、躯の柔らかな咲織でも、大きく脚をM字に開らかされた身ではなかなか口を寿司に付けられない。 ぴょこぴょこと張り詰めた尻たぼを持ち上げては鳩の様に頭を下げる咲織を三宅は楽しそうに見ていた。


  ☆↓来られたついでにお願いっ、1クリックしていって。
 大ピンチです。お助けください。 

 

PageTop

☆ その2493=嗤ってください。

「まるで米搗きバッタだだな。 裸の尻を物欲しそうに持ち上げて。 なんとも賤しい姿だ。 とても一流商社の重役秘書には見えないぞ。 会社の男達にその姿を見せてやりたいな。 自分達の天使の浅ましい正体を知って呆れ果てるか、それとも一層そそられて、昼間から犯しに来るか、どっちだと思う?」
 三宅は電気鞭の先で咲織の胸を突きながら、声を上げて笑った。 

『ご主人様が笑ってる。 あんなに楽しそうに。 無邪気に。 もっと、楽しんでください、この私で。』

 態と貶められ、辱められて、なおその姿をせせら嗤われていると言うのに、咲織の躯は三宅の笑い声に肉の悦びを感じた。 見られている秘部にじんと熱い血が注ぎ込む。 もっと、笑われたい、楽しませたいと慾望が迸る。 

 咲織は拡げられた細い太腿の白い裏肌に蒼く細い血管を浮かべて、自ら尻たぼを無理やり持ち上げた。 苦しい姿勢の中で首を折った。 ようやく唇に寿司が触れる。 咲織は無様な姿を意識しながらも大きく口を開けて寿司を吸い込む様に口に入れた。 

「美味いか。 犬さながらに食べる飯が。」
 咲織はまだ寿司を頬張った貌を上げ、柔らかに微笑んだ。
「とことん、肉奴麗に、犬畜生になり下がった様だな。 身も心も男に捧げ切り、玩ばれて、惨め過ぎる姿を曝して嗤われて、歓びを感じる肉奴麗に。 その嗤われた躯を文字通り鞭打たれ、口も尻穴までも侵され、精を小水を注がれて、逝き果てる女に。」
 三宅の手にした電気鞭の金属の先端が咲織のつんと立った胸の蕾を突いた。 その冷たさが咲織の肉を震わせる。 びくんと咲織は小柄な裸身を震わせた。 確かに官能が肉を貫いていった。 咲織の少女の様にぷっくりと膨らんだ秘唇の合わせ目から婬蜜が滲んだ。 
 
『あぁ、感じてしまう。 欲してしまう。 欲しい、欲しいです、ご主人様。 咲織は本当に婬爛な奴麗です。 肉奴麗です。 もっと、もっと、虐めてください。 もっと、玩んでください。 ご主人様の玩具を。 狂いそう、欲しくて。』

 咲織はを身を捩った。 苦し気に美貌を歪め、優美な頬を艶に染めた。 大きな瞳が三宅を見つめて妖しく濡れた。

「ご主人様?」
 自分の頼りない声が耳に返ってくる。 闇が拡がった視界の先には人の温もりは無かった。 時間がどれ程経ったのか、判らなかった。 丸めた躯にしんとガラスの床が冬の冷気を伝えてくる。 咲織は不安に小首を持ち上げた。 

 躯が疼いていた。 小さな掌が、細い指が自らの滑らかな肌を這っていた。 きゅっと絞られた腰を過ぎ、ぐっと張り詰めた尻たぼを撫でていく。

  ☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 

PageTop

☆ その2494=彷徨う白い指。

 自分で、自分が何をしているのか気づかなかった。 いつの間にか、咲織の小さな掌は、三宅の掌となって咲織の柔肌を慰めていた。 自分の熱が薄い肌を透かして婬らに疼いた肉に浸みていく。 肉は熱を浴びて励起し、一層疼きだす。 

「あぁっ。」
 小さな声が唇を突いて漏れた。 しんとした冬の重い空気が急に艶めいた。 

 節の無い細い少女の指は桜貝の爪を煌めかせ、白い肌から血の朱を透かせた秘唇を微かに震えながらなぞっていた。 そこは熱く潤いを滲み出させていた。 潤いはやわやわとした肌と一体化して、咲織の指を誘う。 

 戸惑い、彷徨っていた指は誘われるままに自らの秘唇を掻き分け、鮮やかな桃色の花びらに触れた。 細やかな稲妻がそこから躯を走った。 黒い檻の中で折り畳まれた白い裸身が描く曲線が蠱惑的にくねり始めた。

 片掌が自らの粘膜の花びらに舞う間に、もう一つの掌は横倒しになり一層豊かさを増した胸丘を揉み始めた。 小さな掌では覆いきれない白く弾力に富んだ肉の球が柔らかに形を変えていく。 その頂で小さな蕾は桃色も濃く虚空に喘いでいた。 

 その蕾に指が触れた。 華奢でいながら芳醇な裸身がぴくんと小さく跳ねる。 躯中から感応が噴き出す。 止まらなかった。 初めて貰った玩具に見せられた子供の様に夢中だった。 

 細くしなやかな白い指が桃色の濡れた花びらを伝い、その頂きに隠れた珊瑚珠にも似た秘芽を捉えた。 咲織の苦し気に折り曲げられていた脚が伸びようとするようにぴくりと跳ねる。 小さな足の爪先が黒い鉄の檻を蹴り、檻ごとぐらりと揺れた。 

 胸球を揉みしだいていた掌がそのたなごころに小さなこりっとした蕾を捕まえて、転がす。 細い頤をつんと上げ、咲織は声を震わせる。 感悩の虜となり、疼きの炎に炙られた躯は、肉が燃え尽きるまでと爛れていく。

「その躯は誰のものだ?」
 厳しい声が咲織の脳裏で朧に木霊した。 その婬らな指は白い肌の上で玩ぶのを戸惑い、ゆっくりとその動きを止めた。 
「ご主人様の物です。」
 考えて答えた訳ではなかった。 頭の中で自分を支配し、今も自分の躯に鞭を打っている支配者に聞かれ、自動的に答えただけだった。

「ご主人様の物に許可も得ないで触れてよかったか?」
 靄の中から三宅が現れ、咲織の胸を強かに打った。 咲織はぴくんと躯を強張らす。

  ☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 

PageTop

☆ その2495=罰を望む奴麗。

「いけません。 それは許されない事です。」
 咲織の掌は花びらに貼り付いたように離れようとはしなかった。 靄の中ではなく現実の三宅を瞳の前にして、咲織の躯は一層騒いだ。 疼き肉の中から顔を出し、もう止めようがなくなっていた。 いけないと口に出しながら、罰を期待していた。 三宅自身による罰。 それは今の咲織には何に代えても欲しいものだった。

 潤んだ甘えた瞳で咲織は三宅を見つめた。 自分が全てを曝け出していることも、世にも婬らな慰めを自らしている事も忘れて。 

「ふっ。 知らないのかと思った。 奴麗がご主人様の許可なく一人で慰める事が絶対禁止事項だと言う事を。 全ての肉慾は全てご主人様にだけ向けられなくてはならない。 それが奴麗だ。 全てをご主人様の快楽のためだけに捧げたのだからな。」
 三宅の鋭い眼が咲織の肢体を嘗め回した。 その視線に押された咲織の肌がさざ波を立てる。 咲織は小さく逝くのを感じた。 ごくりと生唾を飲んで、三宅の口から発せられる罰と言う言葉を待った。

「罰だな。 今のおまえが一番辛い罰をやろう。 たっぷりと。」
 三宅の言葉に咲織の肉が反応する。 まるで自分の掌が触れている秘芽を弄くられた様に、咲織の肉を感悩が貫く。 
「はい。 厳罰をお与えください。 苦しみ、藻掻く咲織の姿をお楽しみください。」
 自らの言葉に咲織の裸身が濡れる。 今にも崩れそうに、溺れそうに。

「貪欲で婬爛なメスだ。 口だけでは言う事を聞けない家畜らしい。 やはり自由を奪ってやるしかないようだな。 また脚をM字に開け。 両手は頭の上だ。」
 三宅は鉄格子の間からぐいと手を入れ、咲織の細い足首を足枷ごと掴んだ。 三宅に委ねられた咲織の脚を引っ張り、檻の両端に頑丈なカラビナで足枷を留める。 ぐらつく躯を咲織は頭上の鉄格子を握って支えた。 その手首に嵌められた手枷の金輪もカラビナで一つに纏め、三宅は頭上の鉄格子に留めてしまう。 

「もっと、お満子をこっちにせり出させなさい。 檻から食み出すほどに。」
 三宅の腕が咲織の折れそうな腰を引っ掴んで、無理やり引っ張った。 尻肉がガラスの床を擦りながら前に押し出された。 ぐらりと檻は傾いだ。 斜めになった檻の中で、咲織の躯が一層鉄格子に押し付けられる。 怯えた腕が頭上の鉄格子を掴み、躯を支える。

 ガラガラと音を立て、檻は少しずつ降ろされた。 鉄格子越しの咲織の顔が三宅の腰の高さで檻の動きは止まった。 

「飲め。 催婬剤だそうだ。 雅志特性のな。」
 三宅が鉄格子越しに差し出した手に咲織は顔を押し付ける様に錠剤を飲んだ。 それが毒であっても、咲織は躊躇わなかっただろう。 

  ☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 

PageTop

☆ その2496=止めどなく。

 無邪気に怪しい錠剤を口に入れた咲織を三宅は優しい眼で見守っていた。

「雅志によれば、血の巡りが良くなり、全身の感度が高まるそうだ。 痛みも愉悦も、鋭く感じられる。 そして、血が滾り、肉が沸々と湧き上がり、肌が燃える。 それが婬らな刺激を受けると止めどなく慾情する。 感じても感じても、感じれば感じる程、もっと欲しくて堪らなくなる。 まるで自分ですることを覚えた猿の様に。 お満子の粘膜が擦れ捲り、血が滲みだしても止まらない、抱いてくれる男なら誰でもいい、犯して貰えるなら何でもする、鬼畜になると言っていた。 ま、お前は薬なんて飲まなくても、元々そうだがな。」
 酷い言葉で咲織を辱めながらも、三宅の眼は咲織を暖かく包んでいた。 その視線を浴びて、咲織は幸せに胸を詰まらせた。 

「ほら、水をやろう。 催婬剤を飲み下せ。」
 三宅はスラックスのジッパーを下ろし、鉄格子越しに自分の物を突き入れた。 咲織はむしろその幼さの残る美貌を綻ばせて、顔を近づける。 ギシギシと檻を吊る鎖が鳴った。 その音も聞こえないのかの様に咲織は恍惚の表情を浮かべ、三宅の物を迎え入れた。

 口腔の粘膜に伝わる三宅の熱に血が沸騰した。 胸が炎で炙られるように熱い。 三宅に向けて伸ばせない腕が鉄格子をひしと掴んだ。 

 生暖かい物が咲織の口に注がれた。 すぐに溢れそうになり、飲み下そうとして咲織は咽せんだ。 三宅はさっと織の口から熱い物を引き抜いた。 咲織はその大きな瞳を白黒とさせながらも、三宅の物を追おうとして鉄格子に顔を押し付ける。

「そんなに欲しかったか。 俺のが。 それとも、誰の物でもよかったか。」
 冷たい声が咲織の胸を引き裂く。 その痛みにマゾの躯は疼きを上げる。 

『欲しいです。 ご主人様が。 本当に欲しいです。 もう、離れたくない。』

 咲織は言葉が出ず、ただ濡れた紅い唇を悔しそうにパクパクとさせるのみだった。 

「ふふ、図星か。 まあ、どっちでもいい。 そのうち、お前の婬らな望みは嫌と言うほど叶えてやる。 それまで、その躯を疼きに疼かせていなさい。」
 三宅は咲織の胸をむんずと掴み、その頂きで慄いている桃色の蕾にまた小さなガラス管を取り付けた。 中の空気が吸われ、蕾が膨らんでいくように感じられた。 同時にむずむずとした痒みが大きな胸球に染み込んでくる。 咲織は口を噤んで、込み上げる喘ぎを押し殺した。 声を上げれば三宅が言った通りに盛りの付いた躯を留め様が無くなりそうだった。

  ☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。